2019年03月31日

20190331 HLV-K99














Amen amen gospel amen, Amen amen gospel amen.
Amen amen gospel amen, Amen amen gospel amen.

Restin' of vestal.
Restin' for death.
Restin' tales for.
Restin' tales.

It's end.

Needs.
The end for let me bells ring bell.
Let me bells ring.
Let me bells ring.
Let me. let me for...
posted by TRBRCHDM at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月28日

20190228 A.B.I.SHOT

二月に入って日記を全く書いていない様子なので、とりあえず形だけでも取り繕うことといたします。












ああずっと、ずっと側にいてくれたのか
我が師
導きの月光よ
posted by TRBRCHDM at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月07日

20180107 Happy New Year, 2019


R_IMGP3178.JPG
R_IMGP3226.JPG
日記更新のほう、たいへん遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

R_DSCN2438.JPG
PCを新調しまして、デスク周りを清掃・片付けしました。部屋全体の掃除は未ださっぱり終わっておりません。PCが新しいので以前の環境を再構築するのがまず大変ですねー、こうして日記を書こうと思っても書き出すまでが長い……。いろいろ大変です。肝心のイラスト活動に必要なVueやshadeでさえも、アクティベーションの方法が以前と変わっていて起動が不可能になってしまいました。これらもまた買い直すしかないのかもしれません。これから行くスキー旅行の準備も含め、年末年始と重なったせいで資金の捻出がカツカツ極まりないですねー……そういうわけで、今後しばらくはイラスト活動のほう、休止せざるをえなくなりました。今後いくらかの期間は写真活動やヴァイオリンの練習を重視して動こうと思います。

R_DSCN1984.JPG
R_DSCN1969.JPG
R_DSCN1981.JPG
SELFY.

R_CIMG9127.jpg
小学生の頃に描いた自画像の写真を発掘。手前味噌な話しになり気恥ずかしくはありますが、今見ても写実性に優れているような気がいたします。顔色や輪郭の強調と、逆にポップな色遣いの背景とのバランスも印象的です。

R_DSCN2452.JPG
R_DSCN2448.JPG
冬毛でまるまるのノラネコンさんです。




R_DSCN0637.JPG
そういえばタイヤチェーンの脱着訓練、昨日の日中にやるはずだったけれど全然忘れていましたね。明日かそれぐらいの帰宅後にやりましょう……。それに加えて退勤後には途中の土浦イオンとかどこかでスキー用のニット帽も準備しなきゃ……。
posted by TRBRCHDM at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月31日

20181231 Overtake the lighs, In the Universe.


先日は平成最後のコミケとかに行きまして、行きのエレベーターの中で知らない兄貴と仲良くなって「ドラクエ10やろうぜ!!!」「FF14やろうぜ!!!!」「コスプレしようぜ!!!!!」との押しの強さに一も二もなく首肯せざるを得ませんでした。とりあえず来年の夏コミにはなんかのコスプレをしに行きます……たぶん……。

今年は三月に人生初の個展を開催したり、四月からポートレート撮影を始めさせていただいたりと、この年になってもまだまだ飛躍ができるのだな、人生に遅いという事はないのだと改めて気付かされた年でした。

iMac miniの一番安い子が50kを切ってたので衝動買いしそうになりました。危ないところでしたね……来年の三月ごろにはこちらも買ってしまいそうです。新しいアルミホイールと夏タイヤはどうしようかな……まあまだこれはもうちょっと後でもいいかな……。









崩れてゆくだけの人生であっても、後の世に何かを残せる技術があるのだと信じるほかない。みっともない生き方でしかないけれど、これ以外の生き方を知らないから。

それではどうかよいお年をお迎えください。新しい一年もまた、皆さまの傍らに幸福と健康、平穏が共にありますように。
posted by TRBRCHDM at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月16日

20181216 栃木県那須町 ステンドグラス美術館/オルゴール美術館


ステンドグラス美術館
R_IMGP2225.JPG
R_IMGP2265.JPG
R_IMGP2272.JPG
R_IMGP2304.JPG
R_IMGP2317.JPG
R_IMGP2378.JPG
R_IMGP2383.JPG
R_IMGP2343.JPG

オルゴール美術館
R_IMGP2422.JPG
R_IMGP2428.JPG
R_IMGP2435.JPG
R_IMGP2441.JPG
R_IMGP2449.JPG
R_IMGP2453.JPG
R_IMGP2457.JPG
R_IMGP2465.JPG

あとは那須町には大麻博物館て物件がありますようで、なんとかして本日のうちに見に行きたかったのですが、場所がどうにも不明瞭で、結局のところ到達できず仕舞でした。周囲ももう暗かったですし、時間が遅くて閉館しちゃっていたのかもですね。
posted by TRBRCHDM at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月16日

20181116 Opener


R_IMGP9777.JPG
北浜護岸

R_IMGP9814.JPG
地質標本館前
R_IMGP9832.JPG

R_IMGP9673.JPG
湖畔
posted by TRBRCHDM at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月21日

20181021 Outro


ARR09.jpg

Hoyhence02.jpg

pontoon02.jpg

VVLS02-8702.jpg

YS-01.jpg

存在は知覚のみに非ず.jpg

万物流転fire01-025.jpg

今年に限ってはクリスマス当日に休みを取れるかどうかも不明瞭というかほぼ無理気味な様子でして、困ったものです。

人間社会のほぼありとあらゆる事物が苦手or嫌いなので、ちょっとでも好ましいものを見掛けますと光の速さで沼ってしまう悪癖をなんとかしたいな。

幼い時分から下手に爆笑すると喘息になるマンなので迂闊に笑うこともできないですけれど、その代わり薄く微笑むのはわりと得意です。
posted by TRBRCHDM at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG

2018年10月13日

TO-MAX vs K.S.T.Music Presents 3rd ALBUM 『dual-axis3』


da3_kari.png
2018/10/28 Release CD
ジャケットおよびディスクレーベルデザインなど担当させていただきました。

M3-2018秋 http://www.m3net.jp/
開催日時:2018年10月28日(日) 11:00〜15:30
会 場:東京流通センター(TRC)第一展示場、第二展示場
配置場所:第一展示場 1F
スペース番号:I-07b「TO-MAX」



「K.S.T.Music」のK's-traX氏とのコラボレーション作品第3弾。
dual-axisシリーズのコンセプトを継承しつつ、EDM や Hardstyleなど近年のサウンド構成に加え、ボーカルトラックなども盛り込んだバラエティに富む方向性となった。

収録曲
01.Big Beat Never Dies
02.TRIDENT-999 (Type-β)
03.Trappin' Loud Me
04.Dirty Stomp (TO-MAX Remix)
05.Wish List (Greed mix)
06.Nevermore
07.Starlight Dance
08.Calavera
09.Split Second (K.S.T. Arranged Ver.)
10.Scorpion Mk.II
11.夕凪 (K's-traX Remix)
12.Tragic (TO-MAX Remix)

All Tracks Composed, Arranged: DAN (TO-MAX), K's-traX (K.S.T.Music)

Lyric, Vocal: SUZU (Tr.06)
Voice Act: 永田知佳子 (Tr.10)

Split Second (Tr.09):
Original Composed: Dek with DAN / Lyric, Vocal: 高瀬ユウト

da3rab02-01a.png

Jacket Design: TRBRCHDM, CHUTA
Special Thanks: POM, Takashi Suga

CD構成 : 薄型ケース・表裏ジャケット・12cmCD ピクチャーレーベル

・Project TO-MAX
http://to-max.sakura.ne.jp/

2018年09月30日

フリーゲーム『ヨルダケ』 初見プレイにて言語無解読脳筋攻略クリアーまでの過程:No.02

ScreenShot_2018_0929_23_27_34.png
今回も再びノー解読完全脳筋攻略を行う。まずは徹底して序盤からレベル上げ工作によるフィジカル面向上、戦闘及び継戦能力の底上げを図りたい所存。

ScreenShot_2018_0929_23_41_31.png
ScreenShot_2018_0929_23_41_48.png
先日の攻略で到達したショップらしき施設に再度訪問、黄色のカウンタを消費して物品を購入している場面。先に発言したフィジカル面の強化という目標だが、どうやらこのゲームにはレベルという概念が存在しない?模様なので、当面まずは装備の強化を優先したい。お面らしきアイテムも購入し、一応装備はできるようだが、通常の道中で主人公が被る以外に使い道があるかどうかは不明。

ScreenShot_2018_0929_23_48_23.png
中華街の二階通路を進み、家畜小屋らしき場所を進むと遭遇した超大型の人型エネミーを撃破。先ほどのショップにてカウンタ30で購入した、赤い文様の書かれたカードが極めて絶大な効力を発揮してくれたお陰で間一髪薄氷の勝利……。戦闘中、中央のプレゼントボックスのようなコマンドでカードを投擲することができ、それを三回ほど繰り返すことで戦闘を有利に進める事が出来た。最初のボス、ほんの序盤でこれでは先が思いやられるが、ともあれマイルストーンとしたい。

ScreenShot_2018_0929_23_56_15.png
ボスエネミーとの連戦かー……、まだ若干体力があるとはいえ正直この戦力ではきついけど……頼みの綱のカード投擲も今回の戦いでは使用不能な様子。地道に基本動作の溜め撃ちで押し切るしかないのか。
ScreenShot_2018_0930_00_01_52.png
今戦にてこれまでにない事象が発生。溜めなしの基本攻撃の火力が何故か以前よりも激増し、あっさりと勝利できた。内部でレベルが計算されているのか、そもそも強化なしの攻撃が効果的なボスなのか、あるいは単なるイベント戦なのか一切が不明。
ScreenShot_2018_0930_00_05_51.png
検証として道中のコモンエネミーと試験的に遭遇し、戦闘の最初に非強化の通常攻撃を仕掛けたところ、序盤と比較して明らかに火力が上がっていた。メニュー、あるいはステータス表示に無くとも、内部で敵機エネミー撃破によるレベルアップが処理されているのだろうか?体力の回復量も強化されているような印象も受ける。これはこれで戦闘一回当たりに掛かる時間やテンポも自然と早くなるため、非常に助かる……。

ScreenShot_2018_0930_00_10_52.png
ボスクラスエネミーとの二連戦ののち進行した森林地帯の、さらに奥に進むと、今度は別のキャラクターが経営するらしきショップ施設に到着した。とりあえず陳列されている物品を三種ほど購入。リンゴ?らしき形状の回復アイテムとロリポップキャンディ?状の道具、半溶解したウニらしき物体をそれぞれ一個ずつ購入した。後ほど何らかの役に立ってくれるものと期待する。

ScreenShot_2018_0930_00_13_56.png
ScreenShot_2018_0930_00_14_10.png
森林地帯の奥地(とはいえ先ほどのショップ施設より手前ではあった)にてキノコ?らしき意匠を纏った大型の柱状施設を確認した。橋梁状物体を踏みしめ奥へと進んでゆく人影を目視した時点で思い出したが、『ヨルダケ』の基幹作戦目標は主人公の兄の追跡と確保。これより柱状施設内部へ突入するほかないようだ。
ScreenShot_2018_0930_00_17_59.png
柱状施設へ進入したが、あいにく周囲が暗闇に包まれておりまったく状況の視認が不能。これ以上の捜索はほぼ不可能と考え、一時的に塔から撤退した。何か明かりになるようなアイテム、あるいは暗闇を見通せる暗視ゴーグルか何か、ともあれ暗闇に効果を発揮してくれる装備が必要なようだ。これまでのショップか、あるいは道中のアイテムに何か適切なものがあればいいのだが。

ScreenShot_2018_0930_00_29_49.png
ScreenShot_2018_0930_00_30_46.png
これまでのルートを一時的に戻り、さきほどの中華街らしき都市区画を彷徨ううちいつしか……見覚えのある壁画、見覚えのあるエネミーと遭遇する……しかし……なぜ……。
『優しく出迎えてくれるのは海鳥たちだけなのか』という、じゃむさんぽいどプレゼンツシリーズのゲームとはまったく関係のない作品の一文を無闇に幻視したが、とりあえずこの一戦は勝利。リンゴ状のアイテムが大きく攻撃力を発揮してくれたお陰で辛くも撃破できた。

ScreenShot_2018_0930_00_37_38.png
先の森林地帯の捜索中に自分自身の生き写しと遭遇したが、ほぼ一瞬で撃破。敵エネミー表示のこの二文字を『ウジ』と読むことだけは聞いていた。

ScreenShot_2018_0930_00_41_32.png
ScreenShot_2018_0930_00_41_52.png
森林地帯をふらふら捜索するうち、いましがた先ほど撃破した大型エネミーと再遭遇。この時点の会話で何らかの取引を行ったようで、森林地帯の内部で彼らを追っていったところ、建造物の存在する湖沼地帯のような場所で再び話し合いになり、マップ奥に聳え立つ建造物へ向かって文字通り物理的に主人公は投擲された。

ScreenShot_2018_0930_00_50_27.png
謎の場所に投げ入れられるとまた今度は別の大型エネミーと遭遇、戦闘に入るも辛くはあるが勝利。先ほどのショップで購入したロリポップキャンディらしき物体を三つほど投射することでギリギリ撃破が可能だった。
ScreenShot_2018_0930_00_56_35.png
ScreenShot_2018_0930_00_56_51.png
ScreenShot_2018_0930_00_58_30.png
大型目玉状エネミーの撃破により、水色のスライム状の物体をアイテムとして得ることができた。ただその後、画面上部、下部に戦闘画面のエフェクトが外れないようになってしまう。演出なのかバグなのか、この時点では判別がつかない……。何か嫌な予感はするが、現状このまま進むしかないのだろう。

ScreenShot_2018_0930_00_59_48.png
ScreenShot_2018_0930_00_59_57.png
キノコ意匠の施設の内部へ再び潜入したが、今度は周囲を視認できるようになっていた。大型目玉タイプエネミーを撃破したからによるものか、あるいはスライム状アイテムのお陰か、現状で理由は不明だが、ともあれ先に進めるようになったのは僥倖である。ただ、また新たなギミックが出現し、当惑している。
ギミック解除ヒント:部屋の中央、絵と文字の図示をされた壁。キノコ×?という文章の意味を読み解く。

ScreenShot_2018_0930_01_09_44.png
謎のギミックが連続する……だが、こうした謎解き、仕掛けのギミックはじゃむさんぽいど様のゲームにおいて十八番、定番のお出迎えであるので、こちらも万全の態勢、全力の頭脳で臨まなければならないだろう。
ギミック解除ヒント:それぞれ
FOUR
FIVE
TWO
SIX
THREE
ONE

ScreenShot_2018_0930_01_23_44.png
ScreenShot_2018_0930_01_23_56.png
キノコ状施設三階に到達する。確保目標の人物である主人公の兄を確認するも、どうやら様子がおかしい。倒れているようだが……。フードを被った謎の人物がこの件に関係しているのだろうか?ともあれ、戦闘に入る。そして……

ScreenShot_2018_0930_01_29_20.png
もしかするとこの戦闘が最終局面になるのだろうか。準備は全く整っていないが、やれるだけやるしかない。

結果として、最終エネミーを撃破し辛くもエンディングとなったが、どうやら客観的に見てまたくバッドエンドのようだった。言語ノー解読完全脳筋プレイはこれにて一段落とするが、次回こそはトゥルーエンドを目指して行動を開始する。シナリオルート分岐はなし、エンディングは二種類だけと聞いているので、何か別のフラグを立てさえすれば…!

フリーゲーム『ヨルダケ』 初見プレイにて言語無解読脳筋攻略クリアーまでの過程:No.01

ScreenShot_2018_0926_21_28_59.png
Briefing complete.
Starting mission....
Main system : Activating Combat Mode.
Unknown unit has connected...Engaging..!!!!!!

フリーゲーム『ヨルダケ』潜入任務遂行状況。
オープニング画面、及び導入の一部を除いてほぼすべての状況で独特の文字言語が表示され、それに則ってゲームが進行してゆく。
ScreenShot_2018_0926_22_02_21.png
上のスクリーンショットはおそらくだが戦闘(?)画面。戦闘画面の最初にはまず対話(?)アイコンと逃走(?)アイコンが表示されるため、戦闘は強制ではなく、ある程度の強さの敵であれば逃走することも可能なようだ。
主人公の左手側のウィンドウに表示されている選択肢がおそらくコマンドであるようだ。
戦闘中は三つの選択肢があり、上部の挙手のようなコマンドが直接攻撃(?)コマンドであるようだ。この攻撃コマンドを戦闘ターン内において累積させることによって、敵エネミー右手に表示されているハートマークが徐々に満ちてゆき、完全にハードマークを満たすことで撃破(?)扱いとなり、謎の黄色いカウンタの増加と共に若干の体力が回復する。
ゲームスタート当初にただ単純にこれを出しただけでは、ほんの雀の涙ほどのダメージ値しか出ない。よって中央部、下部の謎のアイコン表示を駆使してゆく。
中央部のプレゼントボックスのようなアイコン、下部の赤十字のようなアイコンを押すと、主人公がやはりなんらかの特殊言語で台詞を発する?ような演出が出る。これを何度か繰り返すことで、前述の挙手攻撃のダメージ量が上昇する様子。
ただこの二種類の火力強化コマンドには、どうやらそれぞれ属性(?)があるようだ。
敵機の種類、また攻撃強化コマンドの発砲回数によって、挙手攻撃によるダメージ量に大きな差があったため、おそらく攻撃属性があるのだろうという仮定をしているが現状確かではない。このゲームは序盤の敵の火力も軒並み高いため、クリアーにはこのチャージシステムの早急な把握が不可欠と思われる。

ScreenShot_2018_0926_22_43_46.png
上のスクリーンショットがゲームの道中(戦闘中ではない)にてXキーで表示された画面だが、推測するに主人公の現状況を示していると思われる。
多くの箇所、表示が何を表すか依然として不明。ただし左上ウィンドウの中にある林檎のようなアイテムは戦闘中に使用が可能であり、極めて大きくライフを回復できたので、標準的な回復アイテムである可能性が高い。

ScreenShot_2018_0926_22_48_38.png
ScreenShot_2018_0926_22_49_01.png
幾らかゲームを進めると到達した施設。おそらくショップ的な場所かと思われる。店主らしき人物が居り、品物とともに値段?と見られる表示がある。前述の黄色いカウンタを消費することで購入するのだろうか?品物の効果はまったく想像さえできない。ただしどれも強力そうな雰囲気ではある。
ScreenShot_2018_0926_22_53_55.png
ショップ施設のその先の中華街?あるいはスラム?のような地域。電話機とおぼしき設備があり、カウンタ5ポイントにて使用ができた。幾つかの文字?数字?入力をすることでどこか、あるいは誰かと連絡を行うことができるようだが、適当に文字を打ち込むだけでは当然繋がらない。継続的な調査が必要。

ScreenShot_2018_0926_23_02_40.png
友好的?らしき者とも遭遇したが、相変わらず特殊な言語と文字で会話を行うため、そのままでは発言を読み取ることができない。序盤において敵エネミーに撃破されそうな際に一回だけその場を救われたことと、戦闘?のチュートリアルを行ってくれたが、真意は読めないままだ。一見して温和そうな者だが、正体は一切不明。
ScreenShot_2018_0926_22_42_30.png
ScreenShot_2018_0926_22_57_38.png
ScreenShot_2018_0929_23_36_49.png
徘徊するうち遭遇した新たな敵エネミーたち。正直な所感であるがどのエネミーも一撃の火力が半端ではなく、序盤でさえ一回の攻撃で総ライフの半分を持っていかれることもしばしば。コマンドを解読すれば防御なども可能なのだろうか、あるいは何か別の方法で性能を補うなどのやり方があるのか。

ScreenShot_2018_0929_20_34_47.png
規定である21時前にゲームを開始すると主人公の部屋の朝の様子を眺めることができるが、ゲーム自体は始められないようだ。
名前の通りの細やかかつ繊細なギミックである。