2011年08月30日

20110830 停滞からの手紙

昨日、朝に起床したのが約十時、それからたったの六時間だけ行動し、四時に仮眠、そうしたら起きたのが夜中の十時で、うっかり本格的に睡眠を摂ってしまった自分に呆れた。その後ほんの二時間だけ活動してまた就寝。やがて起きたのが本日の十時……。まったく、どんだけ疲れているんだ。実質八時間ほどしか起きていないじゃないか!こんな体たらくで大丈夫なのか。

昨日二十九日に、バイクに跨って土浦市中央の亀城公園に行って来た際、ついでに寄り道をして、あちこち思い出の土地を旅して来ました。例えば、俺がまだ小学生の頃に通っていた、霞ヶ浦スイミングクラブ。見た所まだ現役で運営している様子で、閉鎖していなくて一安心でした。思えばあれが俺にとって、初めて出会った学校外の集団活動でした。両親が俺の気管支喘息を何とかしようと考えて受講させたのですが、これがまた実際に効果があったようで、少なくとも日常生活を問題なく送れるようになったのは、このスイミングスクールのお陰です。それまでは、大笑いをしただけで軽い発作が起きたし、少しでも空気の汚い場所に行くだけで夜通し発作に苦しめられましたから。
939
ここには昔、ハンバーガーの自販機があって、ちゃちい代物な上に当時の俺には手の届かない値段だったものです。近場にはスーパーがあって、終わった頃の気だるい時間に売り場をうろついていたり、あるいはちょっと遠出をして、デパート『ピアタウン』の玩具売り場に出没したりしていました。昔はここの試遊台で、サターンのバーチャロンを時間一杯遊んだものです。今でもまだコーヒーショップや、本屋、ゲーセンの配置はそのままでも、やっぱり玩具屋は時代の流れに梳られて、姿を消してしまっていました。

身の回りの事、目の前の仕事だけに集中して、他の嫌な出来事、社会のやるせない事件や事柄は、なるべく目に入れないようにしていないと、心がどす黒く汚れ、真面目に一生懸命、きちんと前を向いて生きようとは思えなくなります。ネットで政治や犯罪の話を目に入れるのは、正直まったく、自分の心には害毒にしかなりません。ただ、まるでモズのはやにえのように、こうしたおぞましい情報も心のどこかに残しておかないと、将来になって自分の方向性が定まらなくなってしまうのではないかという危惧はしています。
果敢に大上段に社会を語る人々とは正直あまり関わりたくないと思うは、自分のこうした心の弱さに起因するものです。
全体を俯瞰したところで、自分が何か社会に影響を与えられる立場にはありません。今現在はまるでレミングの一匹のように、全体を知ることも無く前へ前へと突き進むまま、大海へ身投げする人間でしかないのは、正直辛いばかりです。今はまだ勉強の時、経験と技量を積んで、一人前の社会人になるための修業の期間とはいえ、為す術なく沢山の出来事が手遅れになってゆく風景を見るのは、ひたすら胸が痛みます。

940
六時過ぎに近場のスーパーカドヤへ買い物に行ったんだけど、その帰り道に野良の子猫を轢きそうになってしまって怖かった。やっぱりネコには車のヘッドライトってすっごく眩しいんだろうね。直視すれば人間だってくらくら〜ってなるもの。夜行性のネコにはさぞ恐ろしい光なことでしょう。道端で凍ったように動かない、小さなネコを見て、慌ててハンドルを切ったので最悪の事態は免れたけれど、背筋のひやりとする体験でした。怖かった……。

そして現在、資格取得のパンフレットを勝手に廃棄されたのでヤケになって絵を描いています。俺の部屋を無断で漁るのはまだいいけれど、俺にとって必要なモノを独断で処分しないで貰いたいものです。コレ下手すりゃ何かの事件の発端になるぞ!いや俺の部屋には別にロクなモンは置いてないし、何かやられたって別にそんな無体な事はしないけれど、昨今の時勢を鑑みるに、人が人なら大惨事に繋がりかねないと思うんだが。

938
そしてまぁ、絵の製作が纏まらないのです。
ここ数日はロクなもんが出来上がらないよー。
posted by TRBRCHDM at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

20110830 Green Green's

934

ハス(蓮)

もうハスの花の時期は終わっちゃうけれど、土浦市に行った時、霞ヶ浦沿いの蓮水田を通った時に撮影したもの。後ろの葉っぱがもうボロボロだねー。七月の誕生花であり花言葉は「雄弁」。スイレンとは違い、ハスの花は水面より高く咲く。
"なお、果実の皮はとても厚く、土の中で発芽能力を長い間保持することができる。1951年(昭和26年)3月、千葉市にある東京大学検見川厚生農場の落合遺跡で発掘され、理学博士の大賀一郎が発芽させることに成功したハスの実は、放射性炭素年代測定により今から2000年前の弥生時代後期のものであると推定された(大賀ハス)。その他にも中尊寺の金色堂須弥壇から発見され、800年ぶりに発芽に成功した例(中尊寺ハス)や埼玉県行田市のゴミ焼却場建設予定地から、およそ1400年から3000年前のものが発芽した例(行田蓮)もある。"wikipediaより引用。

935

タマスダレ(玉簾)

シンプルな姿形の花だけれど、だけどそれが逆に好き。属名をゼフィランサスといいます。かっこいい!葉や茎にリコリンというアルカロイド成分が含まれており、誤って食べてしまうと嘔吐、痙攣の症状を起こすそうです。球根草にはこういうの多いね。

936

木漏れ日

937

氏神様の通り道
posted by TRBRCHDM at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2011年08月29日

20110829 every day melancholy

ゲームやらアニメやら漫画やら、二次元の創作物の中で死亡するキャラなんて山ほどいるが、なぜかのり夫の最期のシーンだけは、特別な感情というか、感じ取る衝動が独特なんだよなー。着々とカメラが配置され、撮影の準備が整えられてゆく場面でもう動悸が止まらなくなる。実際に殺害が行われてゆく所でも、まだのり夫耐えていて歯を食い縛っている場面までは正視できるけれど、最後の方はもう本当にダメだ。一瞬のり夫が死んでからも、蘇生薬を首に注射して、死の苦しみを少しでも長く味わわそうっていう所なんて、胸の奥がぎゅうぎゅうに締め付けられてしまう。たぶんのり夫の死因は激痛と失血によるショック死なんだろうな。痛ましい。

933
あと二年で両親ともに定年と年金暮らしを迎え、そうなると俺が一家の家計を支えることになるのだろう。はぁ、今の安月給で本当に一家五人を賄えるのか、心配で仕方ない。あと二年で何とか貯金を蓄えておかないと、後々何も身動きが取れなくなりそうだ。この尋常ではない手詰まり感はどうしたっていうんだろう。将来に何も良い要素が見えない。…それでも、何とか前を向いて生きなきゃな。みんなと約束したんだから。

部屋の蛍光灯、俺の頭の上のやつだけ調子悪くてパチパチ点滅してすっごいうざったいから、消してパソコンやってたらすごい目が疲れるんですけど。明日に買って来なきゃ、はあ。
posted by TRBRCHDM at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月26日

20110826 Dragon City


出だしだけで震えが走りました。Project TO-MAXさんの"bp-undercurrent"に収録されている、"ANGEL - Crepuscular Rays - "という曲。いやーほんともう俺のツボです。twitterのTLに流れて来てから聴きっぱなしですよ。母屋からクレジットカード取って来て、全速力であきばおーこくさんに詣でて来るレベル。しかし送料500円は恐ろしいです!

今日の午前中から正午にかけては物凄い暑さ。洗濯物を干すだけで汗だく!というような丁度いい頃合いだったので、竜ヶ崎市のたつのこアリーナにある市民プールに行って来ました。峠家さんも確か竜ヶ崎市住まいだったのだけれど、今でも元気にしているかな。隊長は確か韓国に渡ったんだっけ……。無事に過ごせているといいけれど、心配で仕方がないよ。今でも物凄い罪悪感に苛まれるし、恨まれていても仕方がない、でもまた会いたいんです。
プールの利用料は大人で400円。ただし障害者手帳を持参すると、半額の200円から利用できました。一時間半くらい泳いだのですが、今日はこれ一発で筋肉痛に。去年は忙しくて泳ぎに来れなかったし、つまりはもう二年もプールに入ってなかったのか。大胸筋と肩が痛い痛い。明日は仕事なんだから、それまでには治ってくれてるといいけれど。
931

うぎぎ!自動車の任意保険を十月に払うしかないが、これの出費が約7万円。背に腹は代えられないとはいえ、もうちょっと安くならないの?!

病気の発症前、発症中と、病気が治った、あるいは軽くなっているだけなのかも知れないが、その前後では、自分という人間の人格や趣味、物事への関心が、まるで別人のように変わってしまったような気がしてならない。昔の自分というものは、まるでこんな人間ではなかった覚えが確かにあるのだ。

1997という数字を見るたびに、どこか懐かしい感覚に囚われてしまうのだった。

932
人に評価を貰えるのは、嬉しいと同時に非常に強い戸惑いと猜疑心を俺に抱かせる。慣れていないからか、それとも単なる小心者だからか、好意を素直に好意と受け取れなくて、そのせいで大切な友人たちとの関係を、過去何回も破壊して来たのだった。昔からいつでもどんな場合でも、何らかの集団において常に仲間外れで、誰かに好意を持たれて触れ合うという機会がなかったからか、本当に純粋な感情にさえも、拒否反応と恐れが生じる。
「そんな事を言っておいて、どうせみんな俺の事を蔑み、嫌悪しているんだろう。俺は良い事なんてこれっぽっちもやっていないのに、迷惑ばかりかけているのに。」
今でこそ免疫をつけ、対処法を学び、露骨にアレルギー反応を起こす事もなくなったが、それでもまだ、少なくない戸惑いを覚えてしまう。
posted by TRBRCHDM at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月25日

20110825 稲敷市江戸崎甲 食楽酒道『あじ蔵』

約束を果たすためにいざ参らん。稲敷市江戸崎甲、幹線道路の脇に隠れ家的に佇む食廊、『あじ蔵』さんへ一年以上ぶりに行ってみました。やはりディナーの時間帯のため、お値段はやや高め。とはいえランチは予約前提ですし、俺もあまり昼間は身体が空いていないので、こうして暗くなってから赴くしかないのです。入口である階段の目の前には相変わらずのドでかい書。夜中に見ると大迫力だな!いや昼間に見ても威圧感満点だが。

929
前からずうっと食ってみたい食ってみたいって言ってたクジラ刺し。一口食べた感触は、カツオ?みたいな感じだったけれど、やっぱりどこか動物性の脂の風味がする。むしろ馬刺しに近いかな。舌触りがとても滑らかなのが、魚との大きな違いだと感じました。

鉄火巻も頼みました。ガリがいい具合で、100円回転寿司に出されるようなモノとはエグみの少なさが段違い。ノリがきちんと焼いてから巻いてくれたもののようで、香ばしさとパリッとした食感が素晴らしい。すっごい新鮮な味がする。

930
明太ニョッキ。見慣れない名前に戸惑って、生まれて初めてニョッキなるものを食べました。弟に成り立ちや料理の粗筋を聞いたけれど、本当にジャガイモの風味がするんだねー!ディナーの時間帯には完全に居酒屋として運営されているみたいで、ここらで予算が限界を迎えたので上がりました。できればランチで食べたいんだけれどねー。

あと、お茶が美味しかったです。猫舌の俺でも飲める程度の温かさがとても嬉しかった。こんな素敵なお店初めてだよ……。

こちら、あじ蔵さんの公式HP、
そして公式ブログです。
posted by TRBRCHDM at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 飯屋

2011年08月24日

20110824 Blue Sky, and White Cloud.


928
いやー昨日二十三日の作業は酷いもんだった。工場内の大動脈である製品搬送用のレールが、メンテナンスで丸一日使えない状況から始まるという縛りプレイ。製品全部人力搬送かよ!やっぱり案の定、製造途中の在庫がそこらじゅうに溢れかえるし、搬送用に人手取られるから人員がいないし、そんで見たことも聞いたこともないようなトラブルが色々と置きまくってテンテコマイでした。
でもまぁ、やりきった!って感じがする。仕事の上で俺は全力を出し切ったのだから、自分の働きには清々しい気分を覚えました。いや、実際は失敗ばっかりで酷いもんだったし、結果も出ていないから上司連中にとってはたまったもんじゃないんだろうけれど、あんな状況だったら全然頑張った方だと自分は思います。
数字を見れば大敗北だったけれど、そもそもこれが俺の持てる力の全てを発揮した結果だったのだから、もう仕方ないよね。まるでスポーツによる敗戦の後みたいだ。
ともかく、難しくて遂行困難な任務を振り分けられるようになったっていうのは、自分もだんだんと信頼を得て来ていると思っていいんだよね。俺もだいぶ使えるようになってきたんじゃない。

927
主力カメラのEX-ZR10を親類に貸してしまったので、既に半壊しているEX-Z100を持ち出してみました。騙し騙し運用してみると、実はEX-ZR10よりも遥かに青色の発色が綺麗だったのですね。青空の写りがとてもいいので、夏場にはまだまだ重宝しそうです。季節が終わったら修理に出してみようかな。

PBCについてのいい言葉
「浮くっていうか、相手や周りを全然見ようとしないで
自分のやりたいことだけをプロフでもソロルでも前面に押し出してる人は
なじもうとする行動ですら浮いている」
全くだと頷く他無かった。これまででも数多くのこうしたPL&PCを見て来たし、自分にも自覚がないではないのだった。PBCってもんは、基本的に自分の設定や「こういったロールをしたい!」という欲求なんて二の次三の次に持って行くもんだと考えています。何よりもサイトの世界観を顕微鏡で眺めるように、ちょっとした設定の街並みを意味も無く力を入れて細かく描写したり、相手の設定や容姿、行動にいちいち突っ込んだ事を聞くのが醍醐味だと思うのです。

380250451.jpg
pixivで知り合った絵師さん、@kabopumpkinさんから、RTキャラ化のイラストを頂きました。
「宇治さん。とても真摯な方です。きれいな景色を探しながら旅してる旅人さんイメージです。立方体のアイコンのイメージが強かったので帽子にしてしまいました!」「ちょっとミステリアスな旅するお兄さんイメージです。辺境の地できれいな男の子と猫と一緒に暮らすのです・・・というところまで妄想がっ!」
百壱九十九さんは特に瞳の雰囲気において印象的なイラストを描かれる方でして、今回特に目のハイライトに抹茶色が入っていたのがちょっと嬉しかったのです。別府に行ってからすっかり旅が好きになってしまったので、この衣装の似合いそうな冬場にもちょっと遠出してみたくなりました。所々に入っているワンポイントの赤色が鮮やかで、実際にこうしたカラーリングは大好きですし、ACなどにもそっくり応用していたりします。黒基調に金色とか、黒基調に赤の小物とか素敵!

@M2_gammaあとこれ、俺の実弟のtwitterアカウントです。
posted by TRBRCHDM at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月21日

20110821 Blue Hot Heart

926
8月10日の写真

DCMXのポイントがもう16000点くらい溜まってるのだけれど、いざ商品と交換しようと思ってラインナップを眺めたら、これがまたロクなもんが無いんです……。しょうがないから機種変更にでも注ぎ込んでしまおうと思い立ったのでした。とりあえず電器店でウロウロとスマートフォンを眺めていた所、店員さんに声を掛けられてそのまま商品の説明を聞いて、どうせ買う気は満々だったので適当に勧められたモノを選んでしまったのです。しかしまぁびっくりだったのですが、とりあえずこのドコモポイントはすぐに機種変更に使えるものではなくて、使用可能なポイントに移行させるためには手続きに二ヶ月くらい必要らしいんですね。もう購入寸前という所まで行ったは行ったのですが、なんかもうガッカリしちゃってそのまま帰って来ちゃいました。店員さんには悪い事したけれど、わざわざ一万六千円分の値引きを捨ててまで即座に欲しい買い物ではないので、十月まで待つつもりです。

ここ数日間ほど、酷い眠気に苛まれています。寝ても寝ても眠い。十二時間睡眠のあとに起き出したら、ほんの二時間も経たずにまた強い眠気に襲われ、それからまた布団に入ると六時間睡眠とかザラ。一日の活動時間があまりにも少なすぎて焦ります。ほんとこれ、どうしたらいいんでしょう。去年にも何度かこうした期間があったけれど、単なる疲れじゃ説明できないような気がする。あんまり寝過ぎると背中とか脚とか、身体中痛くなったりもするし。たぶん気温がかなり下がってゆっくりと休めるようになったから、今までの反動が来ているのかもしれません。

文章活動を再開したいと思います。しかしながら。
周囲の環境のせいにはしたくないし、これはただの言い訳なのだとも自覚しているのですが、それでもあまりに今の自室環境は酷過ぎるように思えてならない。というか俺には自室がない。自分の部屋でゆっくり創作活動とかするのが夢です。3DCGとかは見られても恥ずかしくないから普通に描いてられるけれどさー……。いまこの文章を書いている最中だって、背後に二人くらい家族が鎮座してるんですよ!?
うああああはやく一人暮らししたいいいい。

久し振りにまともなレビューをしようとした阿見のパン屋がいきなりお休みだったり、帰りに寄ったガソリンスタンドが今まで見たこともない行列で早々に諦めたりと、非常に鬱な一日でした。明日から仕事だなんて信じられない。何かの間違いじゃないのか。こんな悲惨な一日を過ごすくらいなら、お台場のデモに足運んどけば良かった。今更後悔しても遅いけれどさー。
posted by TRBRCHDM at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月20日

20110820 パブリックコメントについて

もう何日も前の出来事だけれど、月の明るい夜は、遅くなってもまだセミが鳴いてるんだねー。

母親からの頼み事で、今日もまた土浦市のイオンへ出掛けて来ました。ウロウロしていたら一階のロビーに、福祉の出店が開いていたので、吸い寄せられるように物色してしまったのです。んで、別に必要もないのにソバガラ枕を買ってしまいました。¥800也ー。ずうっと昔から、こういった障害者や服役囚の手造りの品を販売する店には大層に弱く、まるで磁石かブラックホールのように誘引されては、こまごまとした品に散財してしまうのです。
とりあえず枕は祖母に贈ったのですが、なんかやたら感心して気に入ってしまった様子で、「明日また行って今度は座布団を買って来てくれ」と言う始末。まぁ構わないけれど、明日もあの出店、まだ開いてるかなぁ。
925
土浦イオンの天ぷら専門店、日本橋「からり」の特製天丼。なんか写真写り悪いけど、天ぷらは揚げたてサックサクなんだよ?!でもご飯の量は若干少なめかな。ごく最近まで天丼なんて食べ物は全く縁がなかったけれど、今ではとても好きな食べ物になりました。これも実は地味ーに別府旅行での影響が大きいのです。

『パブリックコメント(Public Comment、意見公募手続、意見提出制度)とは、公的な機関が規則など制定しようとするときに、広く公に(=パブリック)に、意見・情報・改善案など(=コメント)を求め、よりよい行政を目指すものです。通称パブコメ。』ここまで引用。
環境省が動物取扱業の適正化についてパブリックコメントを募集中。
締切まで残りあと8日ですが、俺の場合は半日もあれば手紙一通出すなんて造作もありませんでした。とりあえず項目5の、『犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢』について、意見書をポストへ投函して来たのです。

【閲覧注意】 殺処分 2/2 (愛媛県動物愛護センター)
グロテスクな映像です。年齢制限に注意。
こんな動画を見た後には誰だってまともな精神じゃいられない。ふと視聴した動画に衝撃を受けると、一も二もなく動物愛護に走ってしまう、まるで気持ちの持ちようの浅い人間なのでした。こんなホロコーストが現在にも行われていたとは知りませんでした。殺害のためのガス室の名前が、『ドリームボックス』と呼ばれているのなんて、何か性質の悪い冗談ではないのかと思うぐらい。いくらこのご時世の公務員だって、こんな仕事は続けたいと思わないんじゃないのかい…。汚れ仕事の極致だと感じた。

DFFによる、現在の俺のクリック募金実績。
クリック募金金額  ¥6,907
アンケート募金金額 ¥4,400
動画募金金額      ¥120
復興支援クリック募金   ¥44
20110820DFF1clickbokin.png

今日は竜ヶ崎市の市民プールへ泳ぎに行く予定だったけれど、朝から寒くてしょうがないので結局行きません!
posted by TRBRCHDM at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月17日

20110817 晩鐘

もうお盆も過ぎちゃったけれど、お墓参りに行ってきました。とはいえ滞在はほんの五分ほどで、水もかけないしお供え物もしません。本当に手短にご挨拶だけだったのですが、逆にご先祖さまに対しては、具体的に何をしたらいいのかよく分からないんですね。

バックアップのため、三年ほど前に買った500GBの外付けHDDがもう満杯。どうしよう…。

書きたい事を書けない。向こうに向かって叫びたいけれど、叫ぶだけでは望みは叶わないのだから、いつかきっと何か現実的な手段を手に入れる事を信じて、諦めながら胸の内に押し込めるばかりだ。自分の根っこはいつまで経っても我儘な子供でしかなく、他愛もないつまらない、何の才能もない幼稚な醜男なのだった。
リアルでまともな調子を保つには、どうしてもこうした自己嫌悪と自己憐憫をネットの中に吐き出すしかない。出来心を公共の場、誰しにも見える所に置いて、優しい誰かに構って欲しいのだろうか。
こんな世の中に生きていて、へらへら笑って生きられる、幸福でいられる人間が理解できない。子供時代を幸せに、自分の心の向くまま奔放に過ごせた人間が憎い。俺はどこまで行っても孤独で、死ぬまで悲しみ、苦しむしかないのかもしれない。

toriko.jpg
『虜囚の果て』

twitterで適当に保存した人物写真を地形高度データに変換しての作品。
見えている部分は恐らく髪の辺りかな。
posted by TRBRCHDM at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG

2011年08月16日

20110816 WOTAI

923
職場に新人さんが増えまして、担当の機械の関係からか、現在俺がトレーナーになっているのです。自然と仲良くなりまして、色々話しているうちに、俺と同じで写真が趣味だというらしい事を聞きました。それで終業後にアルバムを渡して見せたのですが、そこで驚かれたのが、自分の使っているアルバムが、その子が前に勤めていた職場で取り扱っているブランドのものだったそうなのです。ちょっとだけ言うと、土浦イオンの輸入雑貨店ね。
そこで話が弾んでしまって、まぁ写真の出来も褒めて貰えたのですが、新人ちゃんは依然として前の職場とも繋がりがあり、もしかするとですが、俺の写真を商品の展示に使ってくれそうな話をしてくれました。なんか俺の存在もそこのお店ではお得意様として知られている様子で、新人ちゃんのご友輩が言うには「その人知ってるよ!こないだめっちゃスタンプ押したもん!」とか何とか。まぁ一万六千円くらいするデジタルフォトフレームを買ったり何だりしているし、その他にもアルバムを二冊か三冊くらい買ってますし。ともあれ、これ以上ない光栄なお話なので、元データを入れたCDとアルバム自体そっくり渡してしまう約束をしています。

昨日の夜中、日付替わった頃のtwitterに#きっとフォロワーさんがイメージCV答えてくれるっていうハッシュタグが回ってたんだけど、やっぱり昔からなりとかやってた人間だし、こういうの凄く好きだからさ、声優さんの話なんてさっぱり分からないけれど、興味本位でぽちっとツイートしたんですよ。
まず帰って来たのが@cutzioさんのリプライ。
「鳥海 RT @HumankindXXX: 声優なんてわからないよお #きっとフォロワーさんがイメージCV答えてくれる」
例によって例のごとく誰だかさっぱり分からないので、困った時のwikipediaで鳥海 浩輔さんを探っていたところ、まぁアニメの連中は安定してスルーしていたものの、ゲーム編に入った瞬間「アーマード・コア2 アナザーエイジ(ランバージャック)」の一行を見て氷水噴いた。ラ、ランバージャックさんですか!?
いやはや、鳥海さんの演じる他のアニメキャラはともかく、このランバージャックさんというキャラはアーマードコア世界における重要な要素、「卑怯で姑息・抜群のセンスの奇怪な機体・そしてあっけない死に様」という点を完璧に押えている至高の捨て駒キャラでした。ACシリーズにおいて最高レベルのネタキャラとしての地位を既に確立している奴なので、なんと申し上げますか、とにかくとても嬉しいです。
次に送られてきたのがこちらのリプライです。
@kabopumpkin @HumankindXXX なんとなく斎賀みつきさん。 #きっとフォロワーさんがイメージCV答えてくれる」
こちらの声優さんも俺はさっぱり知識にないので、同じようにぼちぼちwikipediaを眺めていましたところ、同じようなタイミングで「アーマード・コア フォーアンサー(ジュリアス・エメリー)」に遭遇。(すぐ下の行に、R-TYPE TACTICS II -Operation BITTER CHOCOLATE-(R・ワイアット少尉)とありましたが、ワイアット少尉には殆ど会ってないので割愛。俺はエマ中尉派なもので。)
ジュリアスさんはまだランバージャックと比べては普通の実力者、中盤以降に出て来る猛者、女傑といった位置づけのキャラクターなので、爆笑を誘うようなインパクトはなかったのですが、とにかくイメージ声優さんが二人ともACシリーズと繋がっているのが素敵に嬉しかったですね。「ジュリアスさん知りませんが、冷静かつ繊細で力強いみつきさんヴォイスいめーじで・・・!一番最近はイナゴに出てらっしゃる。」とは百壱さんご自身のコメント。最近は忙しくてイナゴは観れていませんが、ゆるふわウェーブの神童拓人ちゃんは普通に可愛かったし性格弱虫だったけれど前向きで男前だったしで、またイナゴを見直してしまいそうです。とはいえ次の水曜もまた夜勤なのですが。

924
おお嫌だ嫌だ。俺の親も随分と老いてしまった。さっさと家を出たいけれど、まぁこの職場もまだ一年すら働いてないし、もうちょっと何とか続けるしかないかー。失業保険は欲しいものね。弟のこともあるし、なるべく紳士的に家を出てやろうとは思っちゃいるが、今日のような意味不明な言い掛かりを付けられては、黙って大人しくしているのにも限界があるというものだ。
posted by TRBRCHDM at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月12日

20110812 Naturalism

昨日の正午前にテレビの購入契約をして来たら、帰りの道中で酷く疲れてしまって、途中途中のコンビニとか路上で車を停めながら仮眠をしつつ、二時頃に家に戻って就寝したのです。それから暑さと寝苦しさ、ドでかい地震などではたと起きる事があっても、水分やら軽食やらを摂って二度寝三度寝を駆使し、結局起床したのは翌朝の五時でした。やっぱり、夜勤が始まるとどうも生活習慣が乱れがちになりますね。合間合間にきちんと休日を貰えなければ、こんな仕事到底やってけません。
922
とはいえこちらは十日の写真なのですが。

とあるお部屋の掃除をしていると、一番最初に病気の発症した頃、高校時代の教材や試験の結果が積み上げられた、三つほどの段ボールが出て来ました。
名前しか書いていない、あるいは名前も書いていない小テスト。回答用のマークシートがまだ付いたままの模試。二年の頃の個人成績表が出て来て、全部の素点の欄が0点だった。偏差値は7.3だって!この時にはまったく酷い怒られ方をしたらしく、後の成績ではまだしもまともな向き合い方をしている様子が見て取れます。でも、同じくらいの頃の国語の模試では偏差値65とかちゃんと取ってるみたいで、嬉しかったなー、自分がまるっきりのクズじゃなかったみたいで。成績の急降下し始めたのは二年の七月くらいで、実際の資料(と言うと大袈裟だけれど)を基にすると、やっぱり過去のブログ記事に書いた記憶の記述と実際との違いが如実に分かります。ノートなんて最初の数ページしか文字が書かれていないままで、後はほとんど白紙のまま残されていたりするし。平成十三年度九月の共同宿泊学習の案内書があるのだけれど、参加承諾書が切り取らずにまるで白紙で素のまま残っていたりもしました。こんな行事があったなんてまるで記憶にもないし、きっと行かなかったんだね。班別に行動に違いがあったらしく、ブリティッシュヒルズコースとか那須ハイランドパークコースとか、那須美術館・博物館散策コースやら、色んな所に行ったみたいです。当時の俺がどんだけ絶望的な気持ちになり、必死に嫌がったのかありありと分かりました……。後になると進研模試の大学志望校判定とかあるけれど、こんな時期の俺にまったく何をやらせているのだか。とはいえ全校一斉の模試なのだから拒否権なんて無かろうものだが、実際の出来も酷いもので、英語とか0点のまま提出してるみたいだから教科不足も当たり前、参考判定Eまみれですよ!しかしながら、当時の自分が大学に行かなかったのは、まったく正しい選択だったと今でも胸を張って言えるのです。
あと同時に一枚くらい、日付に平成十四年十一月とある血液検査の紙が出て来たけれど、ちゃんとご飯は食べていた覚えがあるのに血糖値が低いのなんの。空腹時の数値が70程度ってあるのに、検査結果は68しか数字がないんだもんなぁ。当時は一体どんな生活をしていたのやら。とはいうものの、一番の問題だった筈の甲状腺の数値がどれなのかがさっぱり分からない。数字の高すぎるやつを探せばいいのかな?

結局CβTは殆ど何もできないまま終わりを迎えてしまいそうです。こんな自分が応募なんてしなきゃ良かったかな。シリアルコードが二つもあっても仕方なかったし。
サイズの小さなテレビだと、画面に表示される文字が全部潰れてしまって、ゲームが思い通りに進行できないのが一点。あと傭兵を雇う際に失敗することが多過ぎるのが一点。俺がCβTのプレイで感じた不都合な点はこれくらいでした。

さーて、今日も遅くから夜勤なのですが、凶悪無比な三連勤です。ミスってばかりのお仕事だけれど、あんまり怒られ過ぎて心が折れないようにしなきゃーね!
posted by TRBRCHDM at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年08月09日

20110809 石楠花の夕霧

imagisに登録してみようかな、dAには以前から憧れを抱いているけれど、英語な分だけハードルが高い気分。

業務引き継ぎ間際の午前七時四十五分辺りで、急に薬切れの発作が起きかけまして、非常に危なかったです。
おっかしいなぁ、こんな発作はもう半年に一回くらいしか起きないようにまでなった筈なのに、ここ最近の一ヵ月でこれ二回目だぞ……。そんなにまでストレスがかかってるのかな?確かにどっちも夜勤の当直ではあったし、今日だって酷いミスとトロい仕事ばかりでボロボロだったけれども。それと、一日夜勤を終えただけで顔とか腕とかの肌荒れが凄い事になってる。
あと全身の汗疹が酷い……。作業中の着衣っていうのが、長ズボンと半袖の上に全身を覆うスモックを着るのだけれど、工場内は気温湿度が一定とはいえちょっと派手に動いただけで汗がダラダラ出るので、特に脚の汗疹が甚大で辛い。ここ最近になって自分でベビーパウダーを買って、出勤前にこれ塗って出て行くようにはなったけれど、こんなもんじゃ全然焼け石に水ってもんです。はぁ……、まだ半年しか働いてないのに全身ボロボロだよ……特に肌の荒れようは酷いなんてもんじゃない。昔から皮膚の弱い人間だったけれど、ここまで露骨に出るもんなんだなぁ……。

夜勤明けの十時半頃に就寝しても、発汗が汗疹に滲んだせいで、その凄まじい痛みに否応なしに起こされてしまいました。すると、時刻は四時半。軽くシャワーを浴びてオロナインを塗って外に出てみるとなんだか不思議な雰囲気の世界が広がっていました。オレンジと紫の混じり合った空と、蝉の声が静かに響いて、昼間の暑さが嘘のような涼しい空気。原付に乗って、ちょっとだけ近所を走って来ました。

920
美浦トレーニングセンター近郊の広報施設。ターフプラザは土日にしか開いていないので、幾つか開放されている公園だけを歩きます。小学生から中学生までの間、俺の友人は主にトレーニングセンター関係者の子供たちが主なメンツでした。団地と言いますか、四階建てのマンションが幾つも連なる街路を行き来して、色んな連中の家にお邪魔したりしたものです。主にゲームばっかりして遊んでいた記憶があります。初めてポケモンで対戦したのもこの時期ですね。あと、ひたすらガンハザードの記憶が鮮明で、この付近に来るといつも、下手をすると涙ぐんでしまうくらいの、心臓の切なくなるような憧憬が、胸の奥に沸いて来るのです。

921
かつて皆で遊んだ運動場も、今はもうまるで得体の知れない、謎の浄化水槽のような施設に変わっていました。昔はコンクリートの堤防で固められた盆地の中、だだっ広い草地に針葉樹の木立が並んで、所々にベンチやらサッカーゴールが置かれる、とても独特の景観を形作っていました。自分が、とてもシンプルに纏められた巨大施設が好きな理由は、このトレーニングセンターの記憶から来るものなのかもしれません。

それでは、今日の夜七時四十五分には家を出るつもりです。はぁぁ、仕事って毎日が綱渡りだなぁ。緊張感があると言えば良い事けれど、何も問題の起こらない日があってもいいのに。
posted by TRBRCHDM at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月08日

20110808 All alone is the only way.

自分の生き方はまるで非効率的だ。
愚か者は自分の経験にしか学べないというが、まるでその通りに生きている。


もう何年も前に書いた小説を一本、改めてTINAMIさんに投稿して来ました。以前にも一回、ちょっとお試しに投稿してみたのですが、数ヵ月後に読みなおしてみると誤字脱字があまりにも酷く、恥ずかしさのあまり削除してしまったのです。この物語のはしりを書いたのはもう何時の話か、正確な日時は思い出せないのですが、たしか2006年ごろの事だったと思います。辛くて苦しくて眠れない夜を何年も何年も過ごして来ましたが、その度にこの子に助けられて来ました。あの子の供養のため、いつか報われて欲しくて、こうして今ある現物として書き上げましたが、このような形に落ち着くまでには、やはりいくらかの紆余曲折があります。

この世界のどこかに自分の絵を認めてくれる人がいるだけでも嬉しいのに、しかもお金まで出して買ってくれる人がいるだなんて、なんて有り難い事なんだろう。「うみと そらと くもと」展に出した"Unfallen Truster"が一枚、4000円で売れました。買って下さったのは以前からの親友さんなのですが。今年に入ってから、次から次へと今までに経験のない出来事が重なって、嬉しいやらびっくりするやらで大変です。

zoomeが閉鎖するというので、youtubeに動画をお引っ越し中。今までの再生数とかが勿体ないけれど、永遠に続くモノなんてどこにもないんだしね。今までの土地や故郷が名残惜しくても、ダメになったらさっさと諦めて別の場所に行くのが人間の生きざまってもんです。

誰だって、疲れたり凹まされたりした、心が弱っている時は、自分が嫌な人間に思えたり、短所を拡大解釈して余計に落ち込んだりすることがある。こうした事は誰にでも頻繁にある、まるで風邪のようなものだから、それを原因に自分の長所や良い意味での自己主張を引っ込めてしまうのは、とても残念に感じてならない。自分の醜さに失望して、せっかくの絵や歌、音楽といった芸術活動を止めてしまうのは、自分の為にも誰のためにもならないと思うのです。自分の中の世界を吐きだすのは、例えば俺にとっては一種のデトックスだと思っています、心の中にわだかまった嫌な塊を、絵や音楽、文章といった形で排出することで、明日からまたきちんと真面目に生きられるようにする。生産活動と社会へ立ち直る自己治癒を両立した、とても素晴らしく効率的な行為だと考えているので、作品自体の出来はあまり深く思案しなくてもいいのではないでしょうか。
特に俺の凹み場所であるtwitterなんて、リプライ飛ばした所で返って来ることなんか二割三割もないしな。人間諦めが肝心であって、その惨憺たる感情を作品に昇華転化できれば、それで上出来というもの。

365716358.png
@PPtorikoさんが描いてくれました、RTキャラ化イラストです。「硝子細工のような液体のような繊細な生命体。自然や綺麗な景色のあるところにいます。黒髪ショタと融合して幸せになる。」「風景画や無機物画のイメージが強かったおかげでガッチガチの人外にしてしまいました…!花冠盛ってます。未だに私の中ではあの立方体の印象ですです」
トリコさんの描かれた他のRTキャラ化イラスト達と比べると、俺のは完全な人外。そりゃあもう物心付いた頃の昔っから、自作のオリキャラ連中はその悉くが人外だったので、やっぱり人間の雰囲気としてこうしたモノが滲み出ているのかと、感服した次第です。立方体というのはTINAMIやpixiv、ニコ静画といった場で主にアイコンに使っている黒いキューブのことで、twitterでもだいぶ長い期間、アイコンとして使用していた覚えがあります。なんだか地球の生き物ではないみたいですね、あるいは地球の深海で生まれ育った、人類とはまた違う知的生命体のような雰囲気。花冠にトリコさんのセンスが溢れていますね。いつも思いますが、こうしたRT企画でイラストを描き上げるのは何人ものイメージ画を一気に手掛けるしかないので、きっと大変なお仕事だったと思います、どうもお疲れ様です、ありがとうございました!
これからは余談になりますが、確か小学生の頃、俺が一番最初に作ったオリキャラというのは煉瓦から生まれたゴーレムで、それからはバーチャロンのバルバスバウをパクったロボ野郎でしばらくウンウン唸っており、中学になるとロボがスライドしてアーマードコアのキャタピラやら四脚でだいぶ宜しくやっていましたが、高校生ぐらいで人型に立ち戻り、ゾンドを生み出したような記憶がおぼろげにございます。

それでは、今日の夜八時から夜勤なのです。社会人ってのはいいなぁ。頑張れば頑張っただけ評価して貰える。ちゃんと何かができるようになれば褒めて貰える。普通にやっているだけでお金まで貰える。これに比べれば学校なんて世界は、まるで地獄みたいなもんだ。
posted by TRBRCHDM at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月07日

20110807 時速956km超のセメタリーキーパー

CβTには出て行くのだけれど、野良の敵ACさんに出会うと十中八九くらいの確率で被撃墜されちゃう。何をどうしたらいいのかも分からないまま、接敵した瞬間にレーザーとか喰らって鎧袖一触で即死してしまいます。というかまだオンラインでの俺は、砲台と輸送ヘリ以外の敵をまだ一回も倒していない気がするんだけれど。
あと、俺はボイスチェット用のマイクをまだ用意していないので、いざオペレータでプレイすると何をしたらいいのかも分からない!マーカー置いてリコン置いて…ってしかできないから、とりあえず戦闘中はそればっかりやってるけれど、やっぱりよーく見てると色々とまずい位置にいる仲間とか傭兵さんがけっこう居るので、そういう時しっかり指示出したいんだけどね。
でもさ、ボイスチャットの音声ってやたら音量低くないですか?普通にブリーフィング画面ですらボソボソとした感じで、聞き取るのにすごい集中力が要るのに、戦闘中には尚更何を喋ってるかさっぱり聞こえないんですけど!
今日はちょっとCβTはお休みです。日中の活動のせいか、色々と疲れてしまいました。

今日のお昼にあじ蔵行ったらお店が休んでてガッカリ。「不定休です」と言われました。普段から忙しい連れをなんとか誘って折角来てみたら、コレなんだもんなぁ。落胆の度合いは酷いもんで、もうすっかり嫌になっちゃいました。とはいえまるっきり行かないってのも変な話なので、来月あたりに一人でこっそり訪れてみようと思います。

919
ご飯を食べたら酷く眠くなってしまったので、二時からちょっと一時間だけ仮眠を取ろうと布団に入ったら、六時半頃までぐっすり熟睡してしまって悲しい。疲れているにせよ、ここ数ヵ月の最近になってから、こういう事はやけに多くなっているような。ちゃんと目覚まし時計をかけているのに起きられないなんて……。午後から竜ヶ崎市の市民プールに水泳を運動しに行って、それからジョギングとかしようと計画立ててたのに、今日は全部おじゃんだ。
せっかくの三連休も、殆ど何もできないまま終わってしまった気がする。

いじめられた経験、記憶というのは、一生涯引き摺るハンディを背負うようなものであって、誰がどんな優しい言葉や慰めを口にしようとも、その苦しみは絶対に当人にしか分からないし、負った傷口が完全に癒えることも、まず無いだろう。
posted by TRBRCHDM at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月06日

20110806 追憶

今日は自家用軽自動車の掃除に午前中を費やしてしまった。こんな物を持っているとカネと時間ばかり食われてしまって堪らない。原付ぐらいならまだ可愛げがあるものを。

その後、物置き場の掃除をしていたら、陰に隠れていたヘビだかトカゲだかの卵を知らずに間違って潰してしまって、非常に申し訳なく気の毒な気分になってしまう。これぐらいで落ち込む奴もあまりいないんだろうか。

今日は広島原爆投下の日だったようだけれど、すっかりそれを忘れていてしまって、どうにもばつの悪い思いだ。


画面が青基調の作品は作り易い気がする。
俺の好きな色は緑だけれど、緑を主体にした作品は難しい。
posted by TRBRCHDM at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG

2011年08月05日

20110805 Almost important.

アーマードコアXクローズドベータテスト シナリオモードの警備部隊AC攻略
敵警備部隊のACは、ムービーが終わるなりいきなり真後ろから現れるので、早いうちに方向転換しないと接近され一気にカタをつけられてしまいます。戦う際には引き撃ちが最も有効なようで、ガトリングとライフルで弾幕を作っていれば、ミサイルも迎撃できて一石二鳥。とにかく距離を取り、敵を視界に入れつつ後退しながら射撃すれば、難なく倒せる筈です。

916
まったく、風邪っぴきの分際で部屋の掃除なんてするから、休日の風邪が悪化するのだ。

積んでる漫画本がまだ三冊くらいあるけれど、なぜか読む気になれない。

917
仕事のことだけれど、以前よりかは随分、というよりここ三日か四日の間にかなりの進歩を遂げれた気がする。何より、動き方のコツ、切り捨てられる部分と専念すべき部分が分かって来たのは大きい。また、成り行きと流れで新人ちゃんのトレーナーまがいのことをしているけれど、俺の成長とのタイミングは本当にギリギリだった。とりあえず安全で比較的簡単なマシンを担当して貰っているけれど、性格も素直でまともな子で、とても安心している。ただ、俺が風邪と薬の副作用で完全にグロッキー状態だった時に必死で説明していると、横でケラケラ笑いながら「○○さんの話し方って友達に似ててマジ受けるんですけどwww」とか言っててガチで殺意が沸いたりしている次第。これに限っては昼食を一緒に摂った時に、しっかり注意しておきました。

基本的に甘え下手だけれど、いつでもラブラブ熱視線をじいっと大好きなお兄さんに向けている大人しめのショタはかわいい。

918
今日はとても哀しい夢を観ました。俺が突然「こいつ捨てる!」と家のネコの首根っこをひっ掴み、外へと歩き出しました。いつものように見慣れた道を10分も進むと、左曲がりの坂を昇ろうとした手前に、近代的な装備をした兵隊のような格好の黒人がいて、ニコニコ笑いながら俺のネコを受け取ると、バケツに入れて蓋をして、バイバイしたのです。その瞬間まで俺はホクホク顔だったのですが、帰り道を辿るうちにだんだん俺は「何かとんでもない事をしでかしてしまったんじゃないか」という気分になり、とうとう家に着いた時には泣きじゃくっていたのでした。
posted by TRBRCHDM at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月02日

20110802 yellow circle

913

ヒマワリ(向日葵)

毎年のように種は撒くけれど、ちゃんと花をつけるまで大きく育つのはその5%にも満たない。そのうえ、どれも花が大き過ぎて俯いてしまい、太陽を追うことのできない子ばかりだ。ちょっと情けない連中ばかりだけれど、別にそう悪くもないかな。

914

ヤマユリ(山百合)

ご近所さんの土地にいい株があったので一枚撮りました。山百合はそこらじゅうにあるけれど、鬼百合をなかなか見ないんだよね。こうして見ると、百合って別に可憐でもなんでもないような。タカサゴユリとかはボウボウ生えてる割に清楚な子だけど。

911

ヤマブキ(山吹)

八重咲きのヤマブキ。こいつには種が生らない。

915

マツバボタン(松葉牡丹)

毎年のように庭に花を咲かせてくれています、だいぶ根性のある連中。葉っぱがまるで多肉植物のようだ。

はぁーあ、けっきょく今年はトケイソウの花が一輪も咲かなかった。なんか知んないけれど、蕾が生まれてもいざ大きくなったらボロボロと腐り落ちちゃうんだよね。いったい何がいけなかったんだろう?
posted by TRBRCHDM at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物写真

2011年08月01日

20110801 識別する知恵

360593723.jpg
昨日だか一昨日だかにtwitterで流行った、キャラ化RTシリーズの一端。こちらのイラストは@maako_so2さんが描いて下さった一枚です。男性は勝手に女体化という事になっていますが、リアルの俺を知っている人にはあまり自信満々では見せられませんね。「宇治さんは落ち着いておられるので隣の家のお姉さんぽく描いてみました!緑は抹茶と、pixivやブログから自然のイメージがあったので」というのが、まあこさんのお言葉です。人は自分には無い物を求めると言いますが、まあこさんのポップな絵柄にはいつも和まされています。何だか自分の硬質なブログにまあこさんのイラストを載せますと、華やかさ、ガーリィなセンスが一層顕れて画面が華やかになります。まあこさんは特にビビッドカラーを得意となされている絵師さんだと思っていたので、こうしたパステルカラー基調のイラストには何気に珍しがっています。
J.jpg
こちらが二枚目、@kitano773さんに描いて頂きました一枚。北野さんは神話や日本史、世界史において詳細な知識を持つ才媛で、すっかり学生時代に学んだ学問がどっかに飛んで行ってしまった自分としては、TLで拝見する度に毎回舌を巻かされています。オリジナルを主に描きながらも、自分なりの絵柄やタッチが確立している人って本当に羨ましい。「とっても優しくて頼れるお兄さんなイメージです」なんて書かれてしまうと、恥ずかしさと申し訳なさで顔から火が出そうな思いですが、また別の意味では、生きていて良かったと思わせること頻りです。北野さんも緑基調のイメージ画ですが、やはり宇治抹茶からの連想なのでしょうか。個人的にもくすんだ緑色は好きな色合いなので、というか全般的に緑色が好きなのです。

910
昨日の朝からずうっと喉の調子が悪く、同僚たちから「がらがら声だね」と指摘されてました。そして今日は鼻水が止まらない……診療所へ行ったついでに喉の診察を受けたら、喉が真っ赤に腫れてるとのこと。今年の喉風邪は非常に厄介な性質の連中だそうで、ずいぶんとものものしい雰囲気のする薬を貰って来ました。帰りの車内では頭痛が止まらず、家に帰って一風呂浴びたあと、こうしてPCの前で作業をしていると眠気が止まりません。頭痛と相俟って文章を書く能力が非常に低下してるのがありありと分かります。仕事の疲れが出たのでしょうか。午後の四時からちょっと昼寝をしてみた所、だいぶ体調が良くなったので、こうして日記を書いています。まだまだ頭はぼんやりしますが、鼻水の勢いが弱まって、喉の痛みもだいぶ引きました。まったく、休みになると風邪を引く体質は良い事なのか厄介なのか。昔からこうですが、生まれつきの身体の弱さは長年に亘って何ともなりません。

電器屋でTVの品定め。32型ぐらいだったら四万も出さずに買えるみたいだね、韓国製のも日本製のも、別にそんな値段変わらない感じだった。しかしながら、今は地デジ化後の需要の高まりのせいか、在庫がさっぱりないそうで、納品は約一ヵ月後になるみたい……まぁACX本編に間に合えば別にいいんだけれど。
母屋のテレビを持ち出そうとしたら母親が随分とまぁ強硬に反対するので、非常に困ってしまった。一体この状態でどうしろってんだよー。

仕事のコツが掴めた気がします。今までは一日に何度も怒られっぱなしだったのが、昨日一昨日と非常にいい感じで動くことができました。理解した事、コツの極意を曖昧にして言うならば、自分自身の実力の、まだ非常に限られたリソースで動かなければならないのならば、止むを得ず切り捨てるしかない部分が必ず出るという事です。

912
体調不良と仕事のレベルアップを鑑みて、今日ぐらいならちょっと奮発した昼食を取ってもいいだろうという判断に達しました。美浦村舟子"いさ美庵"のたぬきそばです。病院からの帰りはいつもここでばっかり飯食ってる気がします……。

「TRBRCHDM氏の諸作品についての評論(もどき)」/「楊」の小説 [pixiv] http://p.tl/t/397764
遡ること先月の二十日、pixivにてイメージレスポンスを頂きました、楊さんのご感想です。自分の小説(あるいはSS?と言っていいものかも分かりませんが、ともかく文章作品です。)にこうした本格的な感想を拝領するのは初めての出来事なので、こうして読み返す度、無闇にワクワクドキドキしていたりします。自分の作品とは言え、書き上げたのはもう二年か三年以上も昔になりますが、未だある意味でイラストよりも思い入れの強い作品だっただけに、書評と言いますか、きっかりとした批評を頂くのは感無量です。
で、内容について。まぁ、忍法○○の件ですが、あれは感覚の昂った少年の感じている質感を、より大袈裟に表現しているという、敢えて二重に誇張した箇所なので、そのまま現実として受け止めると確かに人体の不思議というか肉体のファンタジーみたいな奇想天外な事態になってしまいます。楊さんお願いだから真面目に受け取らないでぇぇ!
楊さんとしては、あくまでもまったくの男性、ジェンダーでも性転換者でもない人間が、こうしたBL的なお話を書くという出来事が非常にカルチャーショックだったようで、そうした部分の解析に主に焦点が当てられているように読み取れました。自分としては近年の男性向けショタ、男の娘需要の高まりもあり、こうした小説を書くに当って多くの先人の作品に触れるなどして、抵抗感や違和感などは全く感じないまま、己の内面に滾るエネルギーをそのまま筆に乗せただけなのですが、楊さん、あるいは小説道場における師範のように、自分の書きたいこと、表現したいことをありのまま、誰に媚びることもなくひたすら自我の欲するままに書いた作品だからこそ、多くの方々にご好評を頂ける一作になったのだと、改めて思い至りました次第です。
posted by TRBRCHDM at 22:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

20110801 七月に読んだ本

7月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:231ページ
ナイス数:10ナイス

ビジネス界に脈々と伝わる先人の知恵 業界のセオリービジネス界に脈々と伝わる先人の知恵 業界のセオリー
なるほどといった感覚ですっと読める一冊。ただ、実経験のある業界に関して疑問を抱く部分もないではなく、紹介された業界でそうした格言が広まっているのか気になった。大雑把には大体それらしいのだし、現実の仕事にフィードバックするつもりではなく、話半分で目を通しておく程度に留めるのが無難だろう。知らない業界の苦労や涙ぐましい努力を知れるという点では面白く、悪くない良書。しかし値段がやや厳しいか。
読了日:07月04日 著者:鹿島 宏


月光の屋久島月光の屋久島
風景画の参考資料、勉強用のため、公共の図書館から借りて来ました。静かで怜悧な青い光の中に浮かぶ森や草花、苔や水流といった風景はとても綺麗で、できればずっと手元に置いておきたいくらいの静謐な写真集でした。
読了日:07月04日 著者:石川 賢治


日経サイエンス 2011年 08月号 [雑誌]日経サイエンス 2011年 08月号 [雑誌]
銀河や八元数といった宇宙的な話題をはじめ、農薬耐性雑草、擬態生物など、バランス良く記事の纏められた今月号。新世界退化説と闘ったジェファーソンについての記事が特に読み応えを感じた。一流の科学者であれ無知蒙昧な偏見から逃れられなかった時代、惨憺たる誤解を打ち砕くにはやはり人間の情熱と気合、そして確たる物的証拠だったのだ。
読了日:07月05日 著者:

読書メーター
posted by TRBRCHDM at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記