2016年01月31日

20160131 TENSION



PS3ACVD ワールドモード勢力戦#17 OLD DUMANにて軽逆試験運用中。
いつもの軽量逆関節機で勢力戦がんばる動画。
以前はストレコポデンカというメインアームウェポン構成でしたが、これをかたっぽカレンデュラにしますと、重いほうのCE盾がギリ乗るのでたいへん便利に使わせてもらっています。この動画でもCIWSの活躍が八面六臂……というか前線でのミサイル迎撃と、あとはシールド構えてのデコイ役くらいしか自分この戦闘で役に立ってないっぽいですね???
ACV〜VDの宿命ではありますが、ミッション開始から接敵までのジリジリ感が非常にだるいですな。本格的な戦闘が開始されるのに三分近くかかっているという……そして決着がつくまでは僅か二分ほど。まったくバランスなんてあったもんじゃないですね。
4:10くらいでレザスピフルセット食らってますけれど、なんだか妙にダメージが低いような。距離が遠かったせいでしょうかねえ。
しかしながらこのOLD DUMAN MAP、防衛側に立ちますと相手側陣営に砂砲四脚はほぼ必ずと言っていいほど配備されているので(今更この時代に当たり前の事を言っています)、このアセンブリだと大抵の四脚相手に苦戦する可能性が高いですね。威特ストレコも威特カレンデュラもギリギリ貫通はするのですが、あくまでもギリ貫通なのでダメージの入らないこと入らないこと酷い。大人しく重二あたりを狙って動いたほうが得策ですねやはり……。あとあと、この動画では出番まったくありませんでしたが、タンクを擁する相手チームとならパイルワンチャンあるので実に楽しいです。パイル二本とも敵ACに決まると脳汁出まくりますねホント!!

あとこのあいだちょっとアセンブリを思い立ってプラズマ軽逆使いましたけど、まったく扱い方が分からないまま自分のプラズマの爆風で焼け死にました。


PS3ACVD ワールドモード通常出撃#16 オトキャタンクで侵攻がんばるマン。
こちらは去年の暮れぐらいに撮影しました動画です。戦闘内容としては、自分のようなヘタクソACピーポーにしてはかなり頑張った方ですかねー(とはいえダメージレースの殆どの場面で味方頼りというのは否めませんが)。前線にて敵陣の横っ腹から突撃し、Wオトキャジュピターで暴れ回るという、自分のアサルトタンク運用としてはかなり理想的な動きができていたような気がします。

カメラかそれともレンズを買おうかな〜とか何だとか言ってましたけれど、お先に新しいスーツを買っちゃったので、だいたい春頃まではそこら辺の趣味の物体の購入は先送りとします。ドラグノフなんて買ってる場合じゃねえぞ……。

pixivの小説読んでるけど、児童虐待の描写をひたすら執拗に書かれると情景のグロさに脳や思考が耐え切れず、何かしら現実逃避しないとマトモな感情が戻らないんです。自分の小説はそもそもマトモな文章で書けていないので度外視。感情移入できない。
posted by TRBRCHDM at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月27日

20160127 Strong Hold Mission


R_GrayCloud02.jpg
Gray Cloud

R_HighlandCriff02.jpg
Highland Cliffs

R_DonaEisRequiem05f.jpg
White Out Running

R_FinalFlash.jpg
Ex tradieim

R_Qp3-02-02.jpg
Finale Rosso

I make it like kick it in a day,
You can make someone feel better,
To be the soft dust in the air,
Ready after take a long breath.

I can go for someone in the hell,
Still like dust from kick and keep,
To be the soft dust in the cloud,
This is fun way, I think so....

R_DSCN0597.JPG
付き合いの長い知人であります、きぃ女史が中心となられたグループ御作品集、「みや本ふれあい広場」を先日BOOTHにて購入させていただきまして、無事にこちらの手元に届きました。初めて利用しましたが、いいですねえBOOTH。何より自分で、商品購入の金額に加えて追加のお金をブーストできるシステムが実に良いです。
posted by TRBRCHDM at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG

2016年01月26日

20160126 Yokohama City


R_IMGP5519.JPG
R_IMGP5526.JPG
横浜市中区AAA Galleryにて宇治忠孝個展 -Struggle- 開催中です。今月29日まで。

R_IMGP5359.JPG
R_IMGP5364.JPG
R_IMGP5374.JPG
やりたいこと、やるべきこと、やらなければいけないことが山のようにある割には、突発で召集される勤務のせいで全部ぶっ潰れるあれな。本日は代休のはずが普通にお亡くなりになりました。
posted by TRBRCHDM at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月18日

20160118 Save the Life.


このブログももう続けること8年以上かー……何につけても大概三日坊主の自分がよくここまで続いたもんです。過去ログポータルももう随分と放ったらかしですし、時間のあるうちに整備しとかなきゃ。私事も仕事もやることが山積みですよまったく。

R_DSCN0535.JPG
ベロニカ都登先生から頂いたDMをためしに額装してみました。先生の個展「VANTA」は今月19日より、新宿アートコンプレックスセンターにて開催です。
R_DSCN0547.JPG

最近ここ数日ほど腰痛が酷く、夜勤前にちょっと緊急で、さきほど整形外科へ行って来ました。特に骨には異常がないそうですので、筋肉や筋膜の炎症か何かでしょうと。とりあえず久しぶりにロキソニンと、湿布薬をいただきました。さすがにロキソニンはめっちゃ効くわ〜。あと薬についてのことですけれども、登録販売者やら調剤薬局事務の資格取りにあちこちほうぼうへ何やかややってきたんですけれども、ものの見事に俺しか男がいませんね……デスクワーク死ぬほど苦手マンの自分ですけれど、何でもいいから手っ取り早く資格が取りたかったもんですから。しかしそういえば可処分所得があんまりないんだなあ……とも言ってられないか、結局は将来への投資ですし、ここでケチったらきっと後々後悔することでしょう。

首都圏では降雪がどうのこうので大混乱らしいですが、流石にここ茨城の湖畔は積雪ゼロの大勝利です。湖が近場にあると気温がそこそこ高く保たれるようで、雪が降らないんですよねえ。


最近ぜんぜんプレイできてないですけれど、刀剣乱舞が一周年を迎えたそうで、おめでとうございます。開設からいろいろあちこちすったもんだはありましたけれど、この愛おしいキャラクターたちが末永く世の皆様方に愛されますように。
posted by TRBRCHDM at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月17日

20160117 PS3ACVD 軽量逆関節機練習動画まとめ



ACVの頃からずーっとタンクしか使わなかった(使えなかった)人間なんですけれど、つい三日ほど前からやっとこさ軽逆に触り始めました。いやなんかもーバトライ数発で死ぬ死ぬ装甲でほんともう酷い……。
兎に角死にまくる不甲斐ない使い手の軽逆ですが、今回の動画はなんとか最後まで生き残ることのできた珍しい戦闘です。(ラストまで生存できた戦闘は1/11〜/14日までの三日間でほんの二回ぐらい)。
武装はパルショ軽逆(この武装ならむしろ軽二使ったほうがいいんですかね?)ですけれども、動画をご覧になられれば分かることですが、ショットガンにもパルスガンにも取り扱いが慣れていなくて命中率が酷いこと酷いこと……。特に戦闘序盤のショットガンの撃ち方がドヘタクソってレベルではないですね!!味方一機やられてるのにこの動きはねーよ!!
見た目どおり防備にも深刻な問題を抱えてまして、ミサイルはCIWSで落とせるのでいいですけれど、バトライやヒトマシだけはどうにもならないです……。あとレザキャとかレザライとか。こうして死んでるぐらいならパルスガン一本くらいは捨ててシールド積むべきなのかな。

でもまあなんかやっぱり軽逆も楽しいですね。今まで地べたを這いずり回っていただけなせいか、こうして動ける機体を組むと空をカッ飛んでるだけでなんかやたら楽しい感じがします。でもこのままでは当然まずいですし、傭兵さんへの負担もでかいので、とにかく立ち回り覚えて安定させなきゃなあ。
相変わらずACVシリーズは機体へのダメージの通り方が異常じゃないですかね。いや今更ゲームシステムに愚痴ったところで仕方が無いのですが、ここが一番現状のACで納得の行かない部分ではあります。


相変わらず軽量逆関節機を試験運用中です。
一撃離脱を身上とするパルショ軽逆ではどうにも戦闘中の貢献度が低いため(敵機に身を晒さない、晒せないぶん、味方への負担が大きいのだと思っています)。バトライ二丁がメイン武器のレイフ軽逆(?)で戦い始めたところ、なかなかいい感じに安定しつつありますね……敵部隊に機動性の高い機体の多かった今回の動画では出番がありませんでしたが、ヒートパイルも流石のタンクキラーとして全然実用的です。お守りなんて言っていたACVの頃とは隔世の感があります。

あとはそうですね、やはり装甲が一番の問題なのでとりあえずCE盾を持ち始めましたが、これだけでも全然生存率が違ってきました。これはこれでお役立ち装備なんですけれど、TE盾とどっちがいいんでしょう?レザライやパルスガンも十分怖いのですが、やはりヒトマシやバトライの普及率と、あとオトヒトタンに対しての突撃力を鑑みますと、軽量な方のCE盾を今は使用しています。
また、今回の戦闘ではCIWSが八面六臂の大活躍でしたね。敵さんにミドルミサイル持ちやら何やらのミサイラーがやけに多かったので、たぶんこれがなかったら余裕で序盤に死んでいたものと思います。


今日も今日とで軽量逆関節機練習中。PASK FIELDは死ぬほど苦手なマップですけれど、今回の戦闘ではなんとか生き残れましたです。
なんかバトライ二丁だとタンクや四脚にろくすっぽダメージ通らない感を痛切に感じましたので、腕武器をかたっぽカレンデュラにしてみました。まあそうなると中二やら何やらにはやたら弱くなりますし、できれば四脚に通る武器としてはパルスガンを一本積みたいんですけれども、そうなるとパイルを下ろすしかなくなるんですよねえ……。

AC4以降の昔から、どうにも腕前の下手なAC乗りではありましたが、ここ最近の勝率となると酷いもので、たぶん三割もありません。若い頃に親しんでいた某ロボゲーでは、ゲームの下手な人間はその人格まで暴力的に否定されたものですが、ACは別にそうでもないので(なのかな?今でもACクラスタとはほとんど交流がないので詳しい事は分かりませんけれど)、心が闇に飲まれない分まだマシですけれど、こうして今になりほとんどの傭兵さんたちが依頼を請けてくれなくなりますと、流石に寂しくなりますね。ほぼあらゆるコミュニティのどこにも居場所がない人間です。
posted by TRBRCHDM at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月11日

20160111 [宇治忠孝個展 -Struggle-]開催告知 1/23~29 横浜市中区AAA Galleryにて




来る2016年1月23日(土) 〜 2016年1月29日(金) までの七日間、自分TRBRCHDM、宇治 忠孝名義での個展を開催致します。
場所は神奈川県横浜中華街近隣、『Art Araq Asia Gallery』内Nan roomです。
オープニングパーティ(無料乾杯ワイン)などもあるらしいので、お車でお越しの方はお気をつけ下さいませ。

展示作品はCG複製原画をそれぞれ6点販売(※急遽一点は非売品扱いとなりました、ご理解ください。)します(こちら当日まで確定事項ではありません。展示点数は上下する可能性があります)。ポストカードは6~9種類販売します、こちらも種類の上限は未定です。ポストカードについてはできるだけ多くの点数・種類を持ってゆくつもりですが、供給が不安定なため数自体が加法減法される可能性が高いです。

[AAA Gallery 宇治 忠孝 個展 -Struggle-]
【展示期間】
2016年1月23日(土) 〜 2016年1月29日(金)
【住所】
231-0023 神奈川県横浜市中区山下町82 徳永ビル2F
【営業時間】
平日・日曜日12:00〜19:00
土曜日14:00〜19:00
火曜日休館日
【展示会場】
AAA Gallery:NAN ROOM
【アクセス】
みなとみらい線 元町・中華街駅3出口より徒歩1分
URL:http://www.artaraqasia.com/index.html
公式HP:Art Araq Asia
1339

また、同じギャラリーの別のエリアでは、AAA Gallery「146 BEST OF ONE MAN SHOW」にて見事佳作となられました方々のグループ展、『moko個展』も開かれます。
tenji_a0090.jpg
「146 BEST OF ONE MAN SHOW」特設ページはこちら/a>
Artst : あさの たみる / よしもり たけはる / ホロン / Harry Kearns / AKIKO。

tenji_a0096.jpg
Artst : moko
和の雰囲気や着物をモチーフにした作品でまとめてみました。
懐かしい、でもどこかロックで現代的
対照的な二つの要素を同時に感じられるような作風を目指して描きました。
展示作品の他、ポストカードの販売有り。
twitter : @moko_skyblue

2016年01月07日

20160107 The origin of life.


DSCN0505-02.jpg
写真は常磐道、夕景の筑波山。
DSCN0516-02.jpg
向かった先は常陸大宮市、三太の湯。北茨城温泉小旅行より無事帰還しました。なんかもう自分、大きないいお風呂に浸かると毎回余裕で湯中りしますね……一瞬だけ意識を飛ばしてぶっ倒れましたが床に寝転がってカルピスソーダを飲んだら無事復活。そういえば友部SAで昼食を取った際、ガールズアンドパンツァーの大きなディスプレイがありましたね。大洗にだいぶ近いけど、今日はちょっと寄れませんでした。
R_IMG_2253.JPG
風光明媚な場所でしたので、春頃になりましたらまた来てみたいですね。ひたち海浜公園と一緒に、次の機会こそは大洗などにもまた寄ってみたいです。

早いもので2016年も既に七日間が過ぎようとしていますが、かくいう自分はほとんど人生を前進しておりません。Twitterをつらつら眺めていても、TLのみんなは自分自身の人生を戦い、生き抜いているというのに、翻って自分は何をしているんだろうな……ただ惰性で働いているだけだわ、人生を生きていないよな……。

去年は一年通じてあんまりいい写真が撮れなかったもので、いつもお年賀のお手紙に同封しているお写真数枚は省略してしまいました。来年こそはと発奮していますが、まるで自信はなかったりしますね。背水の陣というやつです。

えっ、舞台の刀剣乱舞に薬研と鯰尾出るの……!?ちょっと観たいと思ってしまったけれど、男一匹で遊びに行くのはちょっとどころでない勇気が必要そうだな……。

Vueを起動しまして随分と長い時間が経ちますが、相変わらずどう頑張ったところでまともな画面にならない……未だ去年に引き続きスランプ中なのか。不調だろうが好調だろうが、兎に角絵を描く上では一定の品質以上の絵をコンスタントに描かないとダメだというのが辛いところだわ。

そういえば去年くらいに部屋の乾燥で痛い目を見たので加湿器を導入したんですけれど、未だ箱から出してすらいないんですよね。


先日またACVDに出撃しましたところ、久々に死神部隊と戦いましたが、先に投稿した動画と似たような立ち回り感。相変わらず序盤に何もしないままゴッソリAPを減らされまして、そのまま味方の傭兵様方に援護され撤退、ヒトキャをパージしKE盾を構えてオトキャとVTFミサをパリパリ撃ってるだけで、戦闘内容としてはほとんど何も貢献しないまま勝利という酷い有様でした……。
posted by TRBRCHDM at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月03日

20160103 From Beginning

R_IMGP5178.JPG
R_IMGP5315.JPG
今更のように初日の出(ご来光)の写真を上げたりしています。新年早々なんだかもう余裕が全然ないな!本当はこの日記も二日の夜に書くつもりだったんですが、先日の午後六時に三時間程度のつもりで仮眠を取ったところ起床したのが翌朝(本日三日)の七時過ぎというね……。とにかくだ、2016年までも働くだけで終わるのは絶対阻止したいものです。とりあえず資格と旅行と転職は当面の目標!仕事もプライベートもまるで頭打ちの感があるので、今年こそ何らかの転機としたいところ。ちなみに初夢の内容は完全に忘れました

今月の21~23日まで、個展準備のため横浜のビジネスホテルに宿泊する予定です。同時に東京での用事を済ませたりのなんなりの、加えて横浜の観光をするつもりでいます。

部屋にソファが欲しいな。ちょっと寛ぐにはPCチェアだときついし、ベッドで横になるとそれはもうガチ寝になりますからね。予算三万円くらいでいいやつないかな。



こちら新宿で開催されますベロニカ都登さんの個展ですが、横浜滞在時にたぶん足を伸ばして行きます。

full_tif2-33.jpg
From Beginning #02
お年賀絵:高解像度版
posted by TRBRCHDM at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG

2016年01月01日

20160101 2015年に読んだ漫画

2015年の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1990ページ
ナイス数:138ナイス

純情にはかなわない (GUSH COMICS)純情にはかなわない (GUSH COMICS)感想
みろくことこ先生の本なので一も二もなく即購入。だんだん登場人物の年齢層が高くなってきたのかな?先生の可愛らしい絵柄が大好きなのでいつも愛読させていただいております。
読了日:8月14日 著者:みろくことこ
ヒストリエ(9) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(9) (アフタヌーンKC)感想
今回もまた素晴らしい出来栄え、この時代において漫画界の第一線に存在する大ベテランの筆致に酔い知らされる一冊でした。流石というべきかやはりというか、抑え目に描かれつつも深みを与えられた、登場する偉人達の表情、地の底で鼓動するかのような物語の雰囲気、どれもこれもが面白い。読み進めていながら静かに心が震えてくる漫画でした。そして相変わらず続巻への引きが上手い…!
読了日:8月14日 著者:岩明均
女装男子みいちゃんとその彼氏(?)けい君 (バンブーコミックス Qpaコレクション)女装男子みいちゃんとその彼氏(?)けい君 (バンブーコミックス Qpaコレクション)感想
絵柄がだいぶ好みだったので購入しましたが、可愛い男の子に女装をさせると可愛いの二乗になるという単純明快な論理でしたねー。登場人物の誰もが健全な若い男の子らしく、みんな(性的にも)お盛んで眺めていて微笑ましいってもんです。
読了日:6月29日 著者:meco(めこ)
ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 1 (B's-LOG COMICS)ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 1 (B's-LOG COMICS)感想
ド凡人(作中では、だが、自分などの庶民から見れば普通にハイスペックお坊ちゃん)の少年がいろいろ紆余曲折を経ながら、周囲の王侯貴族を巻き込みつつ成長を果たしてゆく物語…なのでしょうか。最近こうした系統の漫画を読んでいないこともあり、新鮮な気持ちで読むことができました。女装モノの一端に入るので以前から興味があった漫画ですが、正直な事を言いますと実のところ作者買いです。この絵柄が死ぬほど好きです。
読了日:5月28日 著者:はる桜菜
鬼平犯科帳 52 (SPコミックス)鬼平犯科帳 52 (SPコミックス)感想
中盤のエピソードで久々に骨のある敵キャラが現れた。その名も”仏の藤次郎”。平蔵を前にしてタイマンで10ページ持つとはなかなか立派、敵ながら天晴れである。
読了日:5月28日 著者:さいとうたかを,池波正太郎
鬼平犯科帳 43 (SPコミックス 時代劇シリーズ)鬼平犯科帳 43 (SPコミックス 時代劇シリーズ)感想
まだ科学的な根拠を駆使した捜査の発達する以前の世界を、四肢五体、士道精神の全力を尽くして生きる、かつての警察署長(?)の物語。不条理な世の中をどう生きるか、生きねばならないのか。剣を振るう刹那的で血腥い物語を多く含んでいるが、根底には人間愛と情緒に重きを置いている。原作:池波正太郎著を血の滲むような筆致で劇画化した名作。
読了日:5月28日 著者:さいとうたかを,池波正太郎,大原久澄
鬼平犯科帳 42 (SPコミックス 時代劇シリーズ)鬼平犯科帳 42 (SPコミックス 時代劇シリーズ)感想
劇画の巨匠、さいとうたかをの筆力によって、江戸時代の警察署長(?)の稀代の生き様を書き切った池波正太郎の物語を、この現代にありありと甦らせた不朽の名作。どれだけ不条理だったであろう過去の時代の司法・警察と、江戸に生きる人々の底知れぬ情念を、清濁併せ呑んだ筆致によって寂然とした世界観に仕立てている。
読了日:1月7日 著者:さいとうたかを,池波正太郎,大原久澄
ゴルゴ13 173 (SPコミックス)ゴルゴ13 173 (SPコミックス)感想
放射能の話題の多い巻でした。だいぶ昔は主人公であるゴルゴが前面に立ってストーリーを進めていましたが、最近はそういった雰囲気がいつしか薄れ、世界のさまざまな悪意、問題、困難こそが主題であり、ゴルゴはあくまでも傍観者的な立ち位置に居るお話が多くなったような気がしますね。
読了日:1月7日 著者:さいとうたかを
赤髪の白雪姫 4 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 4 (花とゆめCOMICS)感想
あー若い子がやる事やってんなぁ、といった感の巻。眺めていて砂を吐きそうになりつつ、このくすぐったい風景を眇めていられるのも後どれほどの事やら…等々無闇に心配になっていますが、作風として物語に急転直下は無さそうですね。このままじわじわゆるーくまったり少女漫画して行って欲しいものです!押忍!でもまあ、ポニテの美少年がデストロイしちゃった所は普通に泣きましたけれど…
読了日:1月4日 著者:あきづき空太
赤髪の白雪姫 3 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 3 (花とゆめCOMICS)感想
居並ぶ少年少女(という歳でもないのか…)たちがなんかもう頭の回転早すぎて困惑と共に感心。度胸も胆力も根性も据わっているし、これが貴族というか王族というか、一国を背負って立つ人間の力強さなんだなあ、と感服します。たまにこうやって人間集団の理想像を描く漫画を読むと、荒んでいた心神が頗る浄化されまして「俺も頑張ってみっかぁ」てな気分にさせられます。休日に軽く摂る心の栄養剤みたいなもんですね。ラジ王子良い奴過ぎてわりと真剣にお友達になりたいよ。
読了日:1月4日 著者:あきづき空太

読書メーター
posted by TRBRCHDM at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書