2016年02月28日

20160228 Save the Child


「ちいさないきもの」/「TRBRCHDM」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=19253

上記の作品が自分の代表作となりますが、今はもうすっかり物書きではなくなってしまいました。もう書きたくても書けないし、作品によって引き起こされた過去の出来事の多くがトラウマや嫌な思い出となって自分を苛み、小説を書くという行為自体から離れる事態となりつつあります。なってしまったと断言しないのは自分の中での最後の希望というか、意地と言いますか、ともあれ書きたいとは願っているわけですけれども。この小説を書いた当時の自分は、それはもう自暴自棄で退廃的で、荒んだ日々を送っていたものでした。重度の人間不信から、自分を信頼してくれた方々を敢えて裏切ったり酷な仕打ちをしたりと対人関係においても酷いもので、長い時間を掛けて立ち直った今では、あの時のことを思い出すだけで顔を覆うばかりです。そうした精神の若干の安定と引き換えに、いまの自分は作家としての能力をほぼ失いつつあります。

R_IMGP5717.JPG
落日


ヒートパイルも当たってないし戦闘内容的にも大して貢献していない我が軽量逆関節ACヴァギナデンタータ号(最近になって脚がネリスからフィッシャーマンに変わりました。積載と引き換えにAPがとうとう30000を切りましたがその他は単なる微調整にしかなってない感じかもです。)ですが、とりあえず今回は最後まで生存!対死神部隊戦にてマトモな戦闘が展開できた、数少ない一戦でした。
相変わらず死神部隊戦とか特別出撃となると、普段から酷い勝率がまた更にダダ下がりになりますね……いつもと勝手は変わらない筈なのに、何がおかしいのやら!いや薄々気付いてはおりますが、固定のチームメンバーがいないとなんだか倍以上にも苦労する気がします。気がするだけです。
それと、相変わらず右ハンガーの選択に苦心惨憺しています。パイルも活躍するときは大戦果なのですが、どうもやっぱり安定しませんね〜。敵の編成次第で効果が左右されがちなので、やっぱりパルマシかパルガンが安定なのでしょうけれども。もしくは血迷って一丁ハンドガンでも積んでみますか……。


つい先日VICTORIA CITYで撮影した一戦。
現状右アームウェポンをポデンカ、左をアラガネmdl2にしておりますが、これ実際逆のほうがいいかもしれない事にたった今気づきました。左ハンガーのCEシールド構えているときのDPSが全然違いますからねえ、追い払える敵なら追い払うにも良し、引き撃ちで耐久しつつ軽めに攻めるにも良しで、今度からちょっと変えてみましょうかねえ。
序盤に一機、中二を速攻で落とせたのが良かったです。その代わりに味方オトヒトタンクへの援護が間に合わずブーストチャージで落とされてしまいましたが……もっと早く味方機の危険に気付いてやれなかったものか、それだけが悔やまれます。
その後は順当に味方ネリスナ機、レザ重の活躍で敵機を次々と落としてくださいまして戦闘終了。ほぼ理想的な試合展開で締めることができました。
posted by TRBRCHDM at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月24日

20160224 TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII A14P for Pentax


R_DSCN0698.JPG
こちらの一眼レフ用レンズ、Kenko社製のPLフィルターと合わせてぽちってしまいました。後ろに居るのはもちもちマスコット鯰尾藤四郎ですけれども(だいぶ記事と関係ありませんね、すみません。)
今までは購入時初期セットの18-55mmと、あとは中古ショップで見かけた50-200mmをわざわざ使い分けていたのですが、これでこれまで煩雑だった、状況に合わせてのレンズ交換作業を一本化することができそうです。
早朝にいつもの湖畔へ行ってサンプル撮影してみた具合ですが、なかなか悪くない感じですね。AFの追従が悪いというのはこのレンズでよく聞く噂ですが、実際のところそうでもないかな?場数を踏まなければ分かりませんけれど、今のところそう不便は感じておりません。
このレンズの特色と言えばなんといってもコストパフォーマンスですね。参考価格は¥71,280のところを¥15,800円で購入させていただきました。同じカタログスペックですと他社製品は3万円台後半からとなりますが、この製品はその半額以下、まるでまさしく圧倒的です。在庫処分品のほぼ捨て値ではありますが、10年前は69,300円で登場したレンズだそうです。
いやーでもなんだかロマンがありますね、すっかり型落ちとなった旧機種ながらも、その扱いやすさ、利便性と圧倒的コストパフォーマンスによって十分現行機と対抗できる市場性を手にした機体!変哲も無い量産機好き、そして雑兵志向の強い自分にとってはとても魅力的な逸話……というか運命を辿った製品です。

R_IMGP5654.JPG
R_IMGP5622.JPG
霞ヶ浦湖畔の日の出と愛車スイフトRS。こちらの写真も上のレンズとPLフィルターの組み合わせにて撮影しています。


自作のMMDスカイドームを、こちらの動画さまが使用してくださいました。誠に有難う御座いました。というかなんかあれですね、動画自体の技術力はたいへん高いのですが、なんかこう児童ポルノ的ないかがわしさ(褒め言葉です)を感じてしまい迂闊にのめり込めませんね!いや自分もこういうの嫌いではありませんが(すみません、どちらかというと動画のミクさんと同年代の少年であれば真っ直ぐ好きだと言えていた気がします。)。

ちなみに動画ではこちらのスカイドームテクスチャを使っていただきました。まだまだ自分の未熟さを思い知らされますね……なぜ今までのスカイドームが普及しなかったのか、その理由が垣間見えた、いろいろと把握できたような気がします。たいへん勉強になりました、今後の参考にさせていただきます。
posted by TRBRCHDM at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Free Skydome Textures

2016年02月23日

20160223 きゃらあい先生個展「awai」


http://kyaraaaai.tumblr.com/post/138078040557/きゃらあい個展awai-間awaiにあることと生きる


本日より開催中です。自分はだいたい二時頃にお邪魔させていただきました。先生ご本人を前にしましてテンションが無闇にブチ上がってしまい、現実にとんでもなく失礼な発言をしてしまった気がします……。

R_DSCN0675.JPG
自分自身の発言にすっかりテンパってしまいお作品の購入もできず、逆にポストカードまでも無料で頂いてしまう始末。いやはや面目ないです。

28日日曜まで、新宿区アートコンプレックスセンターにて開催中です。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
posted by TRBRCHDM at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月19日

20160219 Lagh-ling


2016-02a.jpg
Constancy #03

Big_Sigh_788-04.jpg
Big Sigh

Could live'on such I feel.4.jpg
Could live'on such I feel.

Otoha's02.jpg
OTH

YPSUS.jpg
Turbulence Line
posted by TRBRCHDM at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG

2016年02月14日

20160214(3) 第21回 『日本の美術 全国選抜作家展』 開催・参加中


R_IMG_2429.JPG
表題の件につきまして、こちら上野の森美術館にて開催の展示会ですが、参加させていただいております。
2016年2月14日 (日) 〜 2月18日 (木)
入場無料
10:00〜17:00
最終入場閉館30分前まで
*初日13:00開館
*最終日12:00閉館
今後の自分の在廊ですが、もし仕事との折り合いがつきまして、時間的な余裕があれば18日木曜あたり、つまり最終日の午前中のみ現地に居るかもしれません。

R_IMG_2421.JPG
会場内(というか作品に対しては)写真撮影不可という決まりだったのですが、知らずにメッチャ写真撮ってしまいました(アホ)。ま、まあ特定の作品を撮影したわけではなくって、会場を俯瞰した写真とか人の出入り具合を堂々と撮っただけですから!!(ブログ掲載のお写真は撮影OKの箇所です)。
いやそれでも初日とはいえ、かなりの人出でびっくりしましたね。午前中の暴風雨からするとこれはもしかして閑古鳥か……というのも覚悟はしていたものですから。
ちなみに審査員による厳正な審査の末、なにやらかにやら賞らしきものが参加者へ向けて数件ほど贈られる模様です。賞なんてもんはたぶん自分なんぞには無縁の世界ですが、何かまかり間違って転がり込んでこようものなら部屋の中で小躍りしちゃいそうですね。

20160214(2) Free Skydome Textures : Series04 [Global Elemental Song]


Skydome08-01.jpg
以上の画像は1200×600pixelのプレビュー版です

PNG形式より本体ダウンロード
ファイルサイズ 16.3MB 解像度:5000×2500pixel

skydome作成に際して、レンダリング時間短縮のため品質を大きく落として出力しています。またフルサイズも以前作成しましたシリーズと比較し、やや小さめに成形しています。

商用・非商用に関わらず無料。本素材は商用・非商用ともに自由に利用できます。
本素材を使用したことに起因する損害・損失等の不利益には一切責任を持ちません。
再配布は禁止です。

以前のスカイドーム制作姿勢から一貫していますが、実際のところskydomeもMMDのことも至極さっぱり分からないまま作っておりますので、現実に使用できるかどうかも未知数です。需要があるかどうかも不明。

ご高覧ありがとうございました。Thanks for watching!!
posted by TRBRCHDM at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Free Skydome Textures

20160214 HEAT PILE KISS



とりあえず最序盤にケツ丸出しの重二へのヒートパイル一撃必殺が決まってからのやんちゃっぷりが酷い動画。最後に残った傭兵四脚にもトドメにパイルが決まっています(あまり意味がない)。
まあメインウェポンがストレコカレンデュラにほぼ固定となってきたのですが、ハンガー左はCE盾として、右のハンガーがなかなか決まらないんですよね〜。
タンクや重量二脚といった重量級には動画のようにヒートパイルが断然効果的なんですが、巷に多い四脚やら軽逆重逆に対抗するにはどうしてもパルスガンやパルスマシンガンが欲しいですし。メタ読みとかそういう次元でアセンブリを組み替えて戦うしかないんでしょうか。


MALDAN CITYでの一戦。
この軽逆を運用し始めてからというもの、だんだんMALDAN CITYマップがそう苦手でもなくなりつつあります。なかなかの平地でパイルの運用が楽だからですかねえ。
肝心のヒートパイル、一発目はものの見事に外しましたが、形勢を立て直しての再度の突撃に、ちゃんとオトヒトタンクにパイルが決まってめでたしめでたしという感じです。その後の動きもちゃんと落とされず落としつつの機動で、なかなか上手く立ち回れていた気がします。まあパイル機の宿命としまして、二発両方外したら一気に戦局が苦しくなるんですけれども。
posted by TRBRCHDM at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月09日

20160209 TRIUMPHANT


R_IMGP5589.JPG
こちら、本日帰宅の際に撮影した星景写真です。オリオン座大星雲がちょっとだけ見えます。中央付近の赤紫色の天体がM42オリオン座大星雲なのですが、長時間露光していると天球の動きに連れられて位置が移動してしまうので、ただのカメラだと横にズレてしまうのですね。やっぱりこういう環境下で撮影しますとどうしても望遠レンズが欲しくなります……。というか春先までにはPLフィルターが欲しいぞ。そう高い買い物ではないけれど、お賃金が入ったら買っちゃおうか!
R_IMGP5613.JPG


YUNSK CANYONにて、重量二脚AC四機によるデータポスト強襲を図った敵チームから間一髪防衛成功しました一戦の動画です。

3:30辺りの、最後に一基だけかろうじて残ったデータポストを防衛すべく、四機が一斉に集結する場面に胸が熱くなりましたね。
ライフルをAKに持ち替えての自機ですが、大きなアセンブリは変わりません。正味な話し、カレンデュラとどちらがいいのかな?圧倒的に負荷が低いのはAKですが、とりあえず命中率と攻撃力が単純に高いのはカレンデュラですし、お好みで持ち替える武器なんでしょうか。
あとはそうですねえ、ヒートパイルの扱いがアホみたいにヘタクソで笑えます。一振り目のパイルはどっちに機体飛ばしてるの…そのまま飛んでけば当たったかもしれないのにわざわざ右に回頭するから何も無い空間で振ってるし……。
そういえばですが、最近……でもないですけれども、以前から傭兵さんがぜんぜん依頼受けてくれなくなりました。部隊が組めないのでろくろく出撃さえもままならない……。しかしまあナンですな、最近はゲームさえろくにできてないぞ、俺の人生が危険だ、仕事に何もかも潰される。

カセット式の火炎放射器なら1万しないで買えるのか……部屋のインテリアに一台欲しいところですな。


posted by TRBRCHDM at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月08日

20160208 第21回 日本の美術 全国選抜作家展


表題の件につきまして、こちら上野の森美術館にて開催の展示会ですが、参加させていただきます(半ば強制的にですが)
2016年2月14日 (日) 〜 2月18日 (木)
入場無料
10:00〜17:00
最終入場閉館30分前まで
*初日13:00開館
*最終日12:00閉館
自分の在廊ですが、たぶん14日初日くらいかと。もし余裕があれば18日木曜あたりにも居るかもしれません。

先週の怒涛の七連勤をなんとか凌ぎ切りました。二日間に三回も出勤させられるなどなど(午前中にまずミーティング、その日の夜から夜勤、朝方に退勤してまた午後からミーティング)トンデモな勤務体制に放り込まれまして艱難辛苦の一言です……。こうして一週間丸ごと仕事に全潰しされたからAAA Gallaryの中二病展へ行けなくなるなどプライベートへのダメージは多数。いろいろと無茶です。

R_DSCN0619.JPG
えるたそ姉さんへ鶴丸国永&燭台切光忠のラバーストラップをお送りした代わりに頂きました、ちょっと早めのバレンタインチョコ+フェルメールのポストカードです。
R_DSCN0629.JPG