2009年12月30日

R-TYPE TACTICS2 -Operation BITTER CHOCOLATE- 沈む夕陽

R-TYPE TACTICS2 -Operation BITTER CHOCOLATE- 沈む夕陽

地球に降下したバイドの群れは、統合作戦本部の存在する南半球第一宇宙基地へ向かっている。我々はそこへ、大気中で出せる最大速度で向かった。この基地を失うことは、人類がバイドへの抵抗手段を失うことと同義である。つまり、基地が壊滅すれば、地球と人類がバイドによって滅ぼされることが決定的となるのだ。

■ビルを障壁に用い、敵の侵攻ルートを絞らせる
ミッション開幕後は、順当にマップ右へ右へと艦隊を進軍させる。3ターンもすればノーザリーが索敵範囲に捕捉できるだろう。これを撃破するのに、特に問題は無い筈だ。
敵の先鋒足軽どもはミストフォース×ミスティレディU、及びベルメイト肉塊の混成部隊。ミストフォースがジャミングを使うことはないので、実質的に単なるフォースユニットに過ぎない。
マップ右方のビル群地帯にいち早く到達し、ビルに狭められたマップ上端の狭いスキマから侵攻する敵戦闘機を、テュール級の陽電子砲などを初めとしたチャージ武器を次々と撃ち込むことで、効率的に撃破する。
敵軍第一陣の攻勢が小康すれば、ビルを破壊しつつ前進する。ただし、最後の一本くらいはビルを残しておくように。

トゲトゲの端っこが見えている生命要塞ベルメイト本体をまず一隻落とせば、バイドシステムγが数機ほど現れる。これら戦闘機や、残存しているベルメイト肉塊を掃除した後に、ビル林立地帯を越えた海上にジャミング機を送り込む。二隻目のベルメイト本体が索敵距離圏内に収まるだろうから、これを自軍戦闘機部隊の波動砲でビルごと撃ち抜く。ビルが倒壊した後にまだ体力が残っていようと、ベルメイトはほぼ虫の息のはずなので、トロピカル・エンジェルなどに後始末をさせたい。順次、海上の低空に潜んでいる暴走巡航艦ボルドも落とす。こいつはベルメイトと違い、チャージ武器持ちなので注意するように。

最後に残ったコンバイラベーラは先手必勝、発見次第、自軍ターンのうちにフラガラッハ砲Uをチャージキャンセルさせれば、あとは恐るるに足らず。ジャミング機からのバルムンク攻勢で焼き尽くすなり、陽電子砲で吹き飛ばすなりお好きにどうぞ。

グランゼーラ革命軍側だと、このミッションをクリアした後、最後に残った空欄である20番隊『ファラディー隊』が加入する。
配置トレジャーは計二つ。自軍側から見て二つ目のビルの右の隙間に『アップグレード2』。三つ目のビルの右の隙間の下のほうに『沈む夕陽』が設置されている。

ここではテュール級の陽電子砲Uが大活躍。
1ミッションのうちに4回も撃ったなんてここが初めてだ。
posted by TRBRCHDM at 15:02| Comment(0) | R-TYPE TACTICS2 攻略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]