2010年12月23日

20101223 土浦市西根西 イラン料理レストラン 『アリーズ・ケバブ(Ali's Kebab)』

先日に弟から教えて貰ったエスニック料理店、『アリーズ・ケバブ』に大変興味を持ったので、休日である今日の昼、風邪を引いてヘタばって布団から出て来ない弟を叩き起こして、共同で昼食を取りに連行したのです。ジョイフル本田の脇を通ってつくば方面へ直進する。学園東大通りに入り込んですぐ、道路の左手に緑色の店が見えてくる筈だ。ただ、この辺りには緑色の店というのはなかなか多いので注意が必要である。「土浦公設市場前」という交差点で右に折れ、直後に左の小道に入って、ガストの隣に入るという方法が安定か。国道354号線を西進しつつ、大角豆という有名な交差点で左折するという方法もあるが、此方の方が分かりやすいかもしれない。

604
ランプの魔人のような奇怪な男がトレードマークのこの店、マスコットキャラが明らかに日本人のセンスではない。威圧感というか、コレだけ見ると一般人はやや引くかもしれないな。店舗内は照明が控えめのため、外から見ると暗く感じるものの、基本的に年中無休なので心配は無用である。ただこの年中無休という点にはやや癖があり、テイクアウト用のケバブならば午前11時から午後8時まで一年中食べられるという意味だ。中でランチやディナーを取るには、やはりそれなりの時間へ赴く必要がある。

613
会計。テイクアウト用のケバブはここで注文する。残念ながら写真を撮るのは忘れてしまったが、入口脇の小店舗ではイラン舶来の品々が売られており、大変にエスニックな雰囲気を漂わせている。¥150から缶入りのココナッツジュースなど、日本では滅多に味わえないトロピカルフルーツジュースが販売されており、これがまた素晴らしい味わいだった。

606
水タバコ。タバコは苦手なので俺は敬遠したが、これも注文できるようだ。

チキンドネルケバブ ¥780
サフランライス ¥300
607
写真では実感が薄いと思われる。まず初見で思案するのはその物量である。細切れになった肉こそがケバブとはいえ、その分量は日本料理においての肉とは5割増し位の違いがあろうか。隣のサフランライスもまた同じく異様な質量があり、果たしてこれ食べきれるか一抹の不安を抱くだろう。要は、基本的に「ご飯とおかず」という構成で提供される和食とは大きく異なり、「サフランライス」、と「ケバブ」、という各々独立した一品料理なのである。若い男性なら大喜びかもしれないが、もう少し控え目な量を想定していた俺たちは、無言のままこれらイラン料理たちと相対する事になった。

609
サフランライスだが、言われてみれば当然ながら、インディカ米である。家庭で見慣れたジャポニカ米とは、まずその形状からして大きな違いがあり、細長く湾曲した米粒はなかなか可愛らしい。一口咥内に含んでみたとして、その食感、風味ともまるでジャポニカ米の「ご飯」とは全く別物だと感じる筈だ。……やや悪く言うと、ボソボソしている。しかしこれがまた曲者で、頭に疑問符を浮かべながら、暫くチキンドネルケバブをおかずに食べていると、これがまたしっくり来る。

608
チキンドネルケバブ。レタス、トマト、キュウリといった野菜の上に、チキンケバブが載せられている、見た目はシンプルな料理である。
610
ソースはこれら三種類。辛さ控えめのマイルドな「オリジナル」、辛さとしては中間の「マスタード」、ピリピリとした、これだけ突出した辛さが特徴の「スパイシー」。俺のお奨めとしては、どれか一つを単調に使い続けるのではなく、ケバブの一端にちびちびと一種類をかけて食べる、その次には別のソースをまた一端に掛けて食べる、というように、ローテーションを組んで三種類全てのソースを楽しんだ方が良い。オリジナルとマスタードは極めて安定して食べ易いソースだが、それだけ単調であり、逆にスパイシーは刺激的だが、これだけを食べていては舌が持たないのだ。

611
また、無料のセルフサービスとして「イラン紅茶」が提供されている。カップも特徴的だ。隣にある黄金色の容器の中には角砂糖が入っている。
612
この「イラン紅茶」だが、なかなか侮れない品だ。市販の紅茶によくある苦みや渋みのない、とても爽やかですっきりした、口当たりの良い清涼な風味には驚かされた。食中に二〜三杯は楽にいける。寒い冬にはとても身体の温まる、粋なサービスである。

605
ここ土浦市西根西にあるアリーズ・ケバブは本店らしい。初老の気さくな男性がウェイターを勤める、最初に見た時はやや戸惑うかもしれないが、極めて優良なレストランである。テイクアウトのケバブも、肉はまぁ当然として、野菜のとても美味しい素敵なファストフードだった、次回に来た際にはこれの記事を書いてみたい。Sサイズ400円、Mサイズ500円、Lサイズ600円という、やや高級感のあるサンドイッチだが、それだけの価値は十分あるように思うのだ。

614
イラン料理レストラン アリーズ・ケバブ本店
茨城県土浦市西根西1-2-20
TEL:029-843-8033
営業時間:ランチ 午前11時〜午後3時 ディナー 午後6時〜午後8時
テイクアウトのみ年中無休

大きな地図で見る
posted by TRBRCHDM at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42221919
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック