2011年03月31日

20110331 Sun-shower

734
一昨日、三月の二十九日は自分の誕生日でした。
せっかくの節目なので、懺悔やカミングアウトを兼ねて自分のことを詳しく書こうと思ったけれど、ひたすらうんざりするような事柄ばかりしか思い浮かばなかったので、モザイク状にぽろぽろ述べようと思います。

俺はそれこそ小学校入学から中学二年の頃まで延々とイジメられっ子で、高校一年次の時に統合失調症を発症し、現在では等級3障害者手帳持ちの、正真正銘の精神障害者です。
高校でもろくな目に遭わなかったので、これ以上学校という所が嫌で嫌で行きたくもなく、大学なんて進学したくもありませんでした。当然のこと学力も未熟だったのですが、だいたいこんな気違いが大学に行ったって、誰の利益にもならなかったことでしょう。ブログでは一応、自分では普通の人間を装っているつもりですが、実態と言えばこんなものです。

733
歳が繰り上がると同時くらいに、そのような感じで酷い鬱に襲われたので、三十日は一日遣ってあちらこちらをうろうろとしていました。懐かしい道や知らない土地へ訪れたりと、我ながら惨めな心境で彷徨っていたものです。いい夕焼けの撮れる場所を発見したのが、その日唯一の収穫だったでしょうか。

とても長い間、自分の時間はあの時代で停まっていました。
ふと何気ない瞬間に、頭の中にかかっていた靄が晴れたような、周囲にある無数の色彩が、しっかりと脳裏に認識できるようになったような、まともに動かなかった手足がきちんと自分のいう事を聞いてくれるようになったような。自分の五感や四肢、筋肉や思考の全てが再び動き出したときのことは、よく覚えています。
詳しくは言えないのですが、森の中でした。湿地のような、地面から薄く染み出した水の張った、綺麗な場所でした。オレンジ色に剥き出した土の色や、青くてほの白い雲のかかった空といった風景は、今でも忘れることはありません。

732
自己憐憫と言われても全く反論できないのですが、そうでもしなければ夜に眠ることさえ、朝に起き上がる事さえできないのです。ただ、まだ果たせていない約束がいっぱいあるので、このまま人生を投げ捨てるつもりもありません。ここ数年くらいは、微かな縁で知り合った、親しい人々との義理と恩義を繋ぎ繋ぎして、そうしてやっと明日を手繰り寄せているような気がします。

731
長ったらしい、見苦しい醜態を大変失礼致しました。どうしても吐き出しておきたかったもので。ちゃんと明日からは普通の調子に戻るつもりですので、どうかお許し下さい。
posted by TRBRCHDM at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
@rebel_reasonです。
私も等級2級持っています。先日取得しました。

長いこと鬱とは闘ってきましたが、認めてしまえばあっさりだったなという感じです。
あまり抗わずに、流されるように付き合っていこうと思う今日この頃です。
頭が良い人ほど(勉強という意味ではなく)精神障害には悩まされているなぁ、と私が会った同じような人達を見ていると思います。考えすぎるのでしょう。
でも、そういう風に生まれて来てしまったんだと思うしかないですね。
Posted by 黒恵 at 2011年04月02日 01:39
黒恵さん、ようこそいらっしゃいませ。

薬で軽減はできたとしても、けっして治らない、一生を通じて背負ってゆくしかない病気を抱えているのって、悔しいです。たまたまたったの数パーセントが自分だったというだけなのですが、どことなく釈然としてない、飲み込めない自分のまま、こうして何年も経ってしまいました。就職にも影響があると思って、リアルの周囲には、家族を除いて誰にも話していません。これが何かの違反になるかもしれませんが、何よりこちらも収入と生活が掛かっていますので、はぐらかすか、平謝りで何とかやり過ごすと思います。

これも先入観ですが、鬱になるには何か、先に酷い記憶や過去があって、それが根源となってまるで草木や蔦が芽吹くように、心や考えを絡め取られるのだと思っています。
黒恵さんも何か、辛い思い出がおありなのでしょうか。
同病相哀れむと言いますか、これもとても失礼な物言いですが、こうして似た境遇の親友ができて、微かに安堵している自分がいます。

みっともない言葉を吐き出してばかりで、黒恵さんを含めて、皆様には心の中で謝ってばかりでいます。こうして何度も弱音を呟いてばかりで、すみません。

折角ブログに来て下さったのに、陰鬱なお返事で申し訳ないのですが、それでも黒恵さんが来て下さったことは、とても嬉しかったのです。ありがとうございます。これからも親友でいてくださると、とても有り難く思います。
Posted by TRBRCHDM at 2011年04月02日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44067672
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック