2011年04月28日

20110428 system_Zond

こちらにこの子のbotがあるのですが→@system_Zond

お知り合いの方々に幾つか、オリキャラのゾンドのイラストを描いて貰えました。掲載について伺ったところ快く許諾をして下さったので、こちらに転載させて頂きます。自分ではこうした真っ当な方面のイラストが描けないので、憧れですね。

20110424.jpg
この子はもともとPBCサイト"HIGHLAND FORTRESS 峠の要塞"でのキャラクターだったのですが、このイラストを描いて下さったのは、そちらで知り合った無二の友人、ダンテPLさん(cakさん)です。いまはこちらのブログにて活動しておられます。■APOPTOSIS
"愛の司祭"を標榜する謎の多い人だったのです。ゾンドと同じように、あまり恵まれない幼少期を過ごしたためか、あるいは容姿や特徴などが似ていたせいか、そうした共通点から来る仲間意識なのか、お互いに傷を舐め合うような(失礼)友人だったような気がします。一回は同衾したりと不埒な関係に傾倒しかねなかったのですが、幸いにしてハイランドはあくまでも健全サイトですので、その夜には特に何もありませんでしたのです。
サイトの終盤には多くの人が離れて行き、彼もまたその一人でした。誰しにも問題はあったのですが、当時のことを思うと今でも多くの郷愁と、それに加えて大きな後悔が胸の内に押し寄せて来ます。「彼は部隊から離れるとき、お別れを言ったのかもしれません。」というのは、イラストを描いてくれたcakさんの弁です。きっとこの子は分かれを告げられた時、そのまま十五分くらいは言葉の意味が理解できず、その場で棒立ちでいたことでしょう。うっすらと理解ができ始めたその瞬間に駆け出して、息咳ききって要塞中を捜し回っても、彼の背中はどうしても、どこにも見付ける事はできなかった。そんな妄想をしたのでした。
また、ダンテCさんとリオCさんは現在、青年幼女夫婦として転生して、仲睦まじく日々を過ごしている様子です。そんなお二人のtwitterbotはこちらです→■リオ&ダンテ

285587039.jpg
それと、twitterで知り合ったシロタカさんが、ゾンドのアイコンを描いて下さいました。早速いまの本アカウントの方で使わせて頂いております。シロタカさんのシャープで力強く、スタイリッシュな主線の絵柄はいつ見ても惚れ惚れしますねー。
親の俺が言うのもナンですが、とてもかわいいです…
「ちょっとつかみにくそうな感じを出そうと思ったら、かなりぼんやぁーりした感じになってしまったっ!」というのが絵師さまの弁です。やっぱり、ゾンドのどことなくボンヤリした、つかみどころのなさそうな雰囲気は、誰にでも分かってしまうものなんでしょうか。自分で意識してそうした性格を出すように心掛けていたので、意図を汲んで頂けるのはとても嬉しいのです。

また、ブログの記事をあちこち整頓しています。いまのところ記事数が400件近くあるので、だんだんと記事ジャンルをより正確に細分化して行きたいですね。
posted by TRBRCHDM at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | オリキャラについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44618297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック