2012年01月08日

20120108 PENTAX K-r

haijin.jpg
昔からこの現在に至るまで、この自分という一人の人間は、心身も何もかもが未熟で脆弱でした。もしあのまま、仮に健全に、あるいは順風満帆に、何の問題もなく高校を卒業できていたとして、そしては真っ当な大学生になっていたとしても、いつか自分は確実に挫折を味わい、同じ状況に陥っていたものと思います。それならばむしろ、こうした挫折を人生の早い段階で経験したことは、むしろ幸運なことだったのではないかと、最近はそう思うようになりました。
自分だけではなく、この世界中の人々は誰しも未熟なのだと思います。親であろうと、教師であろうと、誰もが完璧に職務を尽くし、責任を全うすることなどまるで不可能なことだと思うのです。彼らの誰であっても、当時の自分を救うことはできなかったでしょう。自分の罹ったのは、肉体的な、物理的な部分に起因する病気なのですから。
当たり前の事ですが、かつての級友たちとて、人間としてはまだ未熟だったのでした。どれだけ理不尽な目に味わわされたとしても、自分は、彼らを許さなくてはならないのだと思います。


新年を迎えたのを節目に、新型機を導入しました。PENTAX社製のK-rです。以前から友人にはPENTAX社のカメラをしつっこいほど奨められていたのですが、その友人の持つコンデジを何度も触らせて貰った上で、俺の持つEX-ZR10の性能に若干の疑問を持つほどの高性能ぶりに、少なくない関心を抱かされたものです。
事実上、生産終了品ということでかなり安く販売されており、そこが一番のポイントだったのでして(次点はそのデザインです。かっこいい!)、性能の点では未知数ですが、まぁ腐っても一眼レフという事で、最低限の機能だけでも果たしてくれればそれで十分万々歳だと思います。

1043
posted by TRBRCHDM at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
可愛い色のカメラですね。 この一眼だったら気軽に持ち歩けそう。  生きるのって人によっては難しかったりそうでなかったり本当にわからないものですけど、恐れすぎず判断に困らず、何というか穏やかな気持ちで生きれたら、と時々思ったり忘れたりしつつ今日もふらふら過ごしております・・・。  
Posted by plier at 2012年01月29日 01:27
お返事遅れましたが、プライヤさんどうもコメントありがとうございます。

色が気に入って衝動的に購入してしまいました。
白と黒の綺麗なバランスがとってもお気に入りです。

我々のような種族にとって、やや個人差はあれど生きるのは多少なりとも困難さを伴うものだと思っていますが、なんとも溜息ばかりが出てしまいます。

穏やかな気持ちで生きれたら、と本当に同意ですね。ただ、今の職場は現在本当に修羅場ですし、まだまだ未熟な自分にとっては心をずたずたに引き裂かれてばかりです。仕事を辞めれば穏やかにも生きられそうですが、そうなると収入の宛てが無くなってしまいますし……。
結局、人生の物理的な面については、ギブアンドテイク、失う物と引き換えに得る物を得て、生き続けるしかないのかもしれません。

昔に比べて、自分はまったく余裕のない性格になってしまったと思います。
Posted by TRBRCHDM at 2012年01月31日 08:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53009701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック