2012年11月03日

20121103 10月に読んだ本

2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:990ページ
ナイス数:39ナイス



あなたのしもべ (ビーボーイコミックスデラックス)あなたのしもべ (ビーボーイコミックスデラックス)感想
独特の絵柄。睫毛の長さに合う合わないはあるだろうけれど、俺はこういうの大好きです。人間ペット、特にショタペットものなBLは大好物でしたので、すんなりきゅんきゅんしながら読み進められました。出て来る男の子たちがみんな可愛くっていいなぁ!!飼い主のお兄さんはみんなファンタジー世界の生き物なイカした男性ばっかりで癪に障りますが(褒め言葉です)、とりあえず綺麗可愛くって健気で良い子な男の子たちが、甘ったるく愛されて愛玩される様子だけでも十分ご馳走様な気分になれる良作でした。
読了日:10月1日 著者:たりらびー


GA -芸術科アートデザインクラス- (5) (まんがタイムKRコミックス)GA -芸術科アートデザインクラス- (5) (まんがタイムKRコミックス)感想
月日の経つのは早いもので、もう5巻が出ていたとは気付きませんでした。巷に溢れる四コマコミックスの中でも頭一つ飛びぬけた作品。画面中の一切に手抜きや適当さの見られない、きゆづき先生の誠実なお仕事ぶりにはいつも頭が下がります。夏の青春をぎゅっと凝縮した一冊、いつもの五人組のドタバタに癒されました!
読了日:10月4日 著者:きゆづき さとこ


強殖装甲ガイバー (29) (カドカワコミックス・エース)強殖装甲ガイバー (29) (カドカワコミックス・エース)感想
大風呂敷の端っこがヒラヒラしたまま、もう十何年と経っているような気がします。とりあえず金髪のネーチャンが出てくれているだけでも俺は満足です。あとアプトム兄貴がいつも通りかっこよかったッス!押忍!
読了日:10月4日 著者:高屋 良樹


あの子とジュリエット (キャラコミックス)あの子とジュリエット (キャラコミックス)感想
表題作、冒頭の「終点〜 土浦〜 土浦〜」だけで心を掴まれました。実質地元民にこれは意味も無く嬉しくなります。実際あそこらへんはラブホというかおっかねえ歓楽街だもん…。ふわふわして可愛らしい男の子たちの、不器用で一歩進んでは二歩下がる恋愛模様は横から眺めているだけでどきどきやきもきしてしまいます。教育実習生の渡辺先生が態度デカい割りにいい感じのかませ犬でしたけれども、正直ああいう胡散臭い野郎は男子生徒にモテねえと思いますが、最近のトコロはどうなんでしょう。俺の好みじゃないだけかもしれませんが。
読了日:10月6日 著者:小嶋 ララ子


首斬り朝 1―愛蔵版 (キングシリーズ)首斬り朝 1―愛蔵版 (キングシリーズ)感想
江戸時代の死刑執行人を描いた人情劇画。一話完結の剣客ものながら、派手なバトルシーン……というか殺陣とは無縁で、オーソドックスな刑事ドラマのような作品に仕上がっています。強面で一切の表情のない、一見平穏な時代の中で苛烈な生き様を貫き通すサムライの真髄を拝読しました。
読了日:10月18日 著者:小池 一夫

読書メーター
posted by TRBRCHDM at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59770105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック