2012年10月04日

20121004 Lycoris

 
1187
ヒガンバナ(彼岸花)
ラテン語でリコリス、英名スパイダーリリィ
俺の好きな花の一つです。球根植物に多くあるように、この花も根に致死性の毒を持ちます。彼岸花の毒で死ぬだなんて、ロマンチックじゃあないかい。

1188
毒成分の一つであるガランタミンはアルツハイマー病の治療薬として利用されているそうです。

1189
雄株、雌株の区別がなく、種子で増えることができない点も特徴のひとつ。
posted by TRBRCHDM at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2012年09月29日

20120929 秋の植物たち

1184
ランタナ

1183
バーベナ

1182
タマスダレ(玉簾)

1186
イヌマキ(犬槇)
実は柔らかく赤い部分と、青緑の固い部分に分かれるが、この赤い箇所が食用になります。もちもちしたゼリーのような触感。甘く芳醇な味わいで、とても美味です。ただし芯だけは渋いので、これを上手く避けて食べたいですね。

1185
クリ(栗)
posted by TRBRCHDM at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2012年09月03日

20120903 ハスの花

やっと病院に行けたはいいけれど、障害者手帳と通院医療機関用の診断書を出してもらうのにあれこれ手違いというか、面倒くさい事態が発生いたしまして、結局一枚4000円のところを倍の8000円払わされそうな公算がデカいです。うぎゃあああ!!!

1173

1174
病院からの帰り路、まだ午前中の早い時間だったのが良かったのでしょうか、ハスが綺麗に咲いていたので、写真に撮っときました。

結局忙しかったり何だりでこの週末さっぱり家の掃除ができてねえよお……。こないだは大雨降ってるのに気付かず窓を開けっぱなしにして部屋の半分水浸しになったりでもう残念な出来事ばっかりだ!!いや俺の不注意と言われればそこまでなのですが。

思春期や青春の以前に、俺子供時代はわりと知恵遅れ気味というかやや発達障害みたいな残念な子供だったから、日々周りの人間に付いて行くのに一生懸命で余裕なんてさっぱり無かったなー。成績がマトモになりだしたのはやっと中学の二年次くらいだった。

今度は平日休みだから、次の11月の展示会の参加費用振り込んでこよう。それとも下見を兼ねて直接手渡しに行くかなー、そっちの方がいいか!よし、東京まで遊びに行って来よう!明治神宮とか見てくる!
posted by TRBRCHDM at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2012年08月15日

20120815 ヒマワリ畑

1165
近所のヒマワリ畑を撮影しました。

1166
紺碧の空

暑くて何もやる気が起きないけれども、色々と無理をして何らかの生産活動を行うのが自分の使命、あるいは人生の意味だとじわじわ考え始めて来ました。とりあえず最もエネルギー消費の少ない、風景写真の撮影で一日を凌ぎます。
というかもう今から寝るんですけれども。今夜もまた夜勤なので、精一杯やり通して参ります。
posted by TRBRCHDM at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2012年07月16日

20120716 夏の花々


1157
トケイソウ
いつもはまだ蕾の時期に、ナメクジやその他の虫に食べられてしまうトケイソウでしたが、今年はきちんと綺麗な花を咲かせてくれました。やや奇天烈な形状の花ですが、こうして眺めてみると愛嬌もあるような気がします。形に厚みのある花ですので、写真を撮るとピンボケが著しいです……。

1155
オニユリ
夕刻に撮った写真ですので、だいぶ光量が少ない感じです。たぶんオニユリだと思うのですが、どうもはっきり分かりません。

1156
マリーゴールド
同じく、だいぶ陽が傾いてからの撮影となりました。明るいオレンジの花は、光が少なくても綺麗に映えてくれます。

一人で何もしないで居る時間が増えると、嫌な過去ばかり思い出してしまって辛い。どうしようもない。自分がこんな人間に育ってしまったのは、紛れもなく自分の責任だから。
posted by TRBRCHDM at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2012年06月27日

20120627 だいぶ久しぶりの植物写真


1137
曇り空の下のアジサイ。青色の花弁が見たいけれど、この辺りのアジサイはだいたいピンクや紫で占められています。

1138
もう少しで収穫時期を迎えるブルーベリー。鳥に食われなければいいけれど。

1139
まだまだ青いトマト。

今年はなかなか綺麗な植物の写真を撮れないままでいます。
大好きなナデシコはさっぱり咲かなかったし、フジも駄目でした。
posted by TRBRCHDM at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2012年05月08日

20120508 春の花々

1109
ムスカリ

1110
朝露に濡れるカエデ

1111
松の木の根元に広がるシバザクラ

1112
スノーフレーク

1113
ミヤコワスレ


801
去年の写真ですが、未だにこれを超えられる一枚が撮れていない事が悔しい。
posted by TRBRCHDM at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2012年04月01日

20120401(2) Flowering Afternoon

1087
パンジー。息の長く花を咲かせる丈夫な子です。

1088
モクレン(木蓮)。被写界深度を調節して背後を暗くすると、なんだか幻想的。

1089
モクレンの開花。

1090
ヒヤシンス。こういった濃い紫の花がとても好きです。

欲しい苗木はいっぱいあるんだけど、植える場所が無いんですよ。ラズベリーとか育てたいのにねー。いっそのこと割り切って、鉢植えで育てようか。
posted by TRBRCHDM at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2012年03月30日

20120330 Fiori di primavera

1082
ヒマラヤユキノシタ。やや濃い目のピンクが眩しい。

1083
クリスマスローズ。暖かい日が続いたせいか、花弁の開きが大きい。

1084
水仙。一般的で汎用的な球根植物にして、泣く子も黙る毒花。

1085
ヒヤシンス。ギリシャ神話において、この花にはなかなかBLな逸話があるそうな。「悲しみを超えた愛」、悲恋に終わった愛の物語は非常に大好物なところです。

1081
オオイヌノフグリの花園。ペルシアン・スピードウェル。
posted by TRBRCHDM at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2012年03月25日

20120325 植物写真:梅の花、蕗の薹

1079

1078

だんだんと屋外の野山が春めいてきました。福寿草やユキノシタ、パンジーといった花々は既に三月の常連ですが、そろそろと芽生えたパルドスムたちも、ようやっと蕾を作り始めていますね。それと、つい先日にナデシコの芽が出たようですね。可愛い双葉がいくつも生えてきまして、あと数ヵ月後が楽しみです。
posted by TRBRCHDM at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2012年03月13日

20120313 福寿草の花

日の光が驚くほど強くなっていて、ああ、これやっぱりもう春なんだなー。そんでもうすぐ夏なんだなーって、ちょっとだけ感傷に浸りました。

1074
福寿草。花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福。根には薬効と毒性が共にあり、強心作用と利尿作用を目的に利用されるが、副作用によって死に至る可能性もある。

毎日毎日が忙しく、あまり私事に遣える時間がありません。たまの休日は疲弊のあまり午後まで寝ている始末ですし、本を読むこともほとんどなくなってしまって、自分がどんどん馬鹿になってゆく具合が手に取るように分かります。この日記ブログも、前回の記事から随分と時間が経ってしまいました。
仕事の方も、職場はほぼ元の木阿弥に戻りました。どうやっても絶対的に人手が足りないのだから、結局この状況です。
それと、咳が止まらず、困っています。日の午前中は大方体調不良で過ごしていますが、やはりストレスなのでしょうか。

日曜になったらディスプレイを買おうと思います。
posted by TRBRCHDM at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2012年02月06日

20120206 Lavandula vera DC.

1062
ラベンダーは冬でも元気に花を咲かせます。
つっても俺は別に植物なんかに詳しい人間じゃなくて、全部弟の受け売りだったり、適当に見た事やwikiった事を垂れ流しているだけなのです。

お腹が空くと嫌な事ばかりを思い出してしまいます。気分が惨めになって周囲に当たり散らす事がままあるので、食事を頻繁に摂りがちです。

二階の物置きの掃除をしていると、小学校二年生の時の写真が出て来ました。あと中学一年くらいの頃に撮ったプリクラなど、少々黒歴史に近い物品もちらほら発掘されています。これらはまた後ほど、何らかの機会があればこのブログで晒す事にしましょうか。予定は予定、あくまで未定ですけれども。

3D景観CGの製作ですが、現在完全に行き詰っています。何のアイデアも浮かばず、Vueを起動してモデリングや大気設定をガチャガチャやるだけで、何の画面も出来上がらないのでした。いや、出来上がらないと言うと語弊があるのですが、一向にまともな作品、自分の中で納得の行く作品に仕上がらないのです。

ハイランド峠の要塞の過去ログ、あと幾らか少しは出せるモノもあるのですが、なかなか編集する時間が取れません。こんな風に、とっくに風化した過去の出来事にいつまでもいつまでも拘る人間です。

はぁ、今から日勤帯かー…一日に3回も4回も怒られていると、本当にげんなりうんざりしてしまうよお。だいたいあんなぶっ続けの修羅場でどうやって12時間も集中力を保てばいいのやら。大抵は最後の数時間で燃料が切れて、なんにかポカをやらかします。
もうこんな職場無理だから……。
posted by TRBRCHDM at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2011年12月02日

20111202 Fossil Plants

シダ植物の化石
1022
"Alethropteris serli"(アレスロプテリス・セルリ)
1023
"Neuropteris sp."(ニューロプテリス)
古生代石炭紀:ペンシルバニア紀の植物たち。現代のシダとは違って、幹の太さは60cm、高さは10mを越すものもありました。表面に広がる白い鉱物は葉蝋石で、滑石の仲間です。産地は米国ペンシルバニア州、セントクレール。

原核生物シアノバクテリア(ストロマトライト)
1021
先カンブリア紀に出現し、地球上で初めて光合成を行った生物(藻類)で、酸素をもたらしたといわれています。現在、生命が地球上で生息できるのは、この子たちのお陰かもしれませんね。産地はボリビア。
posted by TRBRCHDM at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2011年11月12日

20111112 Rainy sphere

1007

ヒイラギの花(柊)

1008

柿の収穫(自家製)

1009

野菊 #1

1010

野菊 #2

1011

1012

1013

最近になり、朝露の撮影に凝っています。
posted by TRBRCHDM at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2011年10月29日

20111029 One piece of the masterpiece.

995

ホトトギス(杜鵑草)

久し振りに傑作の写真が撮れたかもしれません。
背景黒に花の造形が浮かび上がっている画面が好きなのかな。
ユリ科植物の属の一つ。日当たりの弱い所を好むようです。
どうやら日本が原産のようですが、近年までの研究でも確証は得られていないといいます。

994

Good Morning's Sphere.

996

柚子の木

だんだんと熟しはじめました。
収穫まであともう少しです。
posted by TRBRCHDM at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2011年10月24日

20111024 秋の植物たち

986

水滴

989

シュウメイギク

990

エノキ(榎)の実

直径1cmほどの、緑色の球形の実をつけます。
秋になると熟して黒ずみしわしわになり、食用として利用可能。
甘い味がして、その風味はレーズンや干し葡萄に似ています。
種がとても大きく、また皮も厚くて硬めの食感がするので、果肉を味わえる部分は少ないです。
果肉は繊維質で、やや干し柿にも似ています。

987

オオオナモミ(大耳、大雄なもみ)

988

コスモス
posted by TRBRCHDM at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2011年10月02日

20111002 [Outmaneuver≒Autumn flower]

965

ブルーサルビア

966

ピンクローズ

967

コスモス

968

グリーンカップ

969

リコリス(彼岸花、曼珠沙華)

球根植物に多くあるように、この花も根に致死性の毒を持つ。彼岸花の毒で死ぬだなんて、ロマンチックじゃないかい。毒成分の一つであるガランタミンはアルツハイマー病の治療薬として利用されている。雄株、雌株の区別がなく、種子で増えることができない。

970
もう翅がぼろぼろのモンシロチョウと、センニチソウ。
それでも彼は(あるいは彼女は?)元気に飛んでいた。

971
庭で寛いでいたノラネコさん
posted by TRBRCHDM at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2011年09月17日

20110917 秋に咲く花々

955

正直言って何の花だかよくわかりません!でもちっちゃいのが一杯集まってて可愛い!

949

ザクロ(柘榴)

今年はきちんと収穫できました!我が家のザクロさんですが、画像はややグロめかな…。赤い粒々の実を噛み、甘い果汁を味わいます。やや大きめの種が含まれているので、これは吐き出しましょう。甘酸っぱい秋の味覚です。俺が中学生の頃、ザクロには女性ホルモンが多量に含まれているという話が一時流れましたが、このエストロンという物質は確かに種子中に含まれているものの、種子自体は非常に苦く、まぁ果実全体から換算すると極めて微量です。

952

エキナケア

951

サルビア・グラニチカ

950

黄花コスモス

953

アサガオ

954

センニチソウ
posted by TRBRCHDM at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2011年09月09日

20110909 Three flowers of the early fall.

943

ランタナ

ちゃんと労わってあげれば11月くらいまでは持つ、かなり丈夫な子。ピンクと黄色の可愛い花が寄り集まっていて、けっこうファンシーだよね。こういう花が好きな人は多いんじゃないかな。かなり暗い場所で写真を撮ったから、なんだか不穏な雰囲気の一枚になっちゃって、それだけが心残りです。

944

イソトマ

実はこの子は初夏の花なんだけれど、ずうっと放置したままでした。もう殆どの株は花を終えちゃっているけれど、それにしても長生き!もう六月くらいから咲いてるんじゃないかなー。汁液には毒性があり、触るとかぶれたりします。夏の日差しを浴びてさえ負けないだなんて、頑丈な奴って好きだよー。

945

バーベナ

この子も長生きな子です。夏場は庭の一番日当たりのいいところを占拠しているけれど、それって相当凄い事だよね。葉っぱも独特な形をしています。小さい頃から家の庭に咲いているけれど、この子の名前をしったのはつい最近。それぐらい身近で、目立たない存在として俺の中には咲き誇っています。
posted by TRBRCHDM at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真

2011年08月30日

20110830 Green Green's

934

ハス(蓮)

もうハスの花の時期は終わっちゃうけれど、土浦市に行った時、霞ヶ浦沿いの蓮水田を通った時に撮影したもの。後ろの葉っぱがもうボロボロだねー。七月の誕生花であり花言葉は「雄弁」。スイレンとは違い、ハスの花は水面より高く咲く。
"なお、果実の皮はとても厚く、土の中で発芽能力を長い間保持することができる。1951年(昭和26年)3月、千葉市にある東京大学検見川厚生農場の落合遺跡で発掘され、理学博士の大賀一郎が発芽させることに成功したハスの実は、放射性炭素年代測定により今から2000年前の弥生時代後期のものであると推定された(大賀ハス)。その他にも中尊寺の金色堂須弥壇から発見され、800年ぶりに発芽に成功した例(中尊寺ハス)や埼玉県行田市のゴミ焼却場建設予定地から、およそ1400年から3000年前のものが発芽した例(行田蓮)もある。"wikipediaより引用。

935

タマスダレ(玉簾)

シンプルな姿形の花だけれど、だけどそれが逆に好き。属名をゼフィランサスといいます。かっこいい!葉や茎にリコリンというアルカロイド成分が含まれており、誤って食べてしまうと嘔吐、痙攣の症状を起こすそうです。球根草にはこういうの多いね。

936

木漏れ日

937

氏神様の通り道
posted by TRBRCHDM at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物写真